ここから本文です

乙武洋匡、居住する高級マンションの管理会社から何度も"勧告"を受けていた

週刊女性PRIME 10/4(火) 17:30配信

今年3月に不倫が報じられた乙武洋匡氏。当時、自民党からの参院選出馬が確実視されていたが、この報道を受けて出馬を断念。9月には、15年連れ添った妻・仁美さんと離婚した。そんな踏んだり蹴ったりのさなかに聞こえてきたびっくり情報があるーー。「その高級マンションを管理していた会社は、事務所としての使用申請の届け出をするように何度も電話で“勧告”していたようです。

 でも乙武さんからは音沙汰なしで管理会社は困ってしまったみたいです」(不動産業界関係者)

 不倫発覚から半年、妻と正式に離婚した乙武洋匡氏。9月14日には公式サイトで《家族のために尽くしてくれた彼女には感謝の念が尽きません》と、メッセージを発表。

 しかし、それ以外にもどうやらトラブルの火種があったらしい。それは新宿区内の高級マンションにある1室をめぐる問題だ。

「乙武さんは、そこを自宅兼個人事務所として使っているんです。でも、事務所使用申請の届けを出していなかったそうですよ」(前出・不動産業界関係者)

 届け出をして、敷金を1か月余分に支払えば事務所利用も可能だったという。

 しかし、何度も勧告したという管理会社だが、今年2月に新しい管理会社に変わってしまった。そして状況はむしろ厳しい方向に。

「新しい管理会社はマンションを事務所として使用することは禁止。自宅のみの使用しか許可していないそうです」(前出・不動産業界関係者)

 つまり、個人事務所として使うこと自体が不可能というわけ。にもかかわらず、離婚発表直前に発売された『週刊新潮』では、近況を自らこう説明していた。

《私は今、新宿の事務所で生活しています。(略)母親か事務所のスタッフが、事務所暮らしの手伝いをしてくれています》

 どうやら本人の認識でも、自宅=事務所ということで間違いないようだ。マンション利用への乙武氏の見解はどうなのか。事務所に問い合わせてみると、

「自宅ではなく事務所として使用しております。しかしながら、そのような勧告が電話や書類などで届いたことはありません。管理会社からはそのような事実はないと。本当に寝耳に水で、まったく身に覚えのない話です」

 と完全否定。前出の不動産業界関係者の証言とは、まったく食い違う答えが返ってきた。現在の管理会社に話を聞くも「賃貸での事務所利用は一切お断りしています」というのだが……。

 別の不動産会社関係者が口を開く。

「お客様がマンションの部屋を居住利用のみ、事務所利用または自宅兼事務所のいずれかでお使いになられているかをこちらが完璧に把握するのは困難。

 ですので、事務所利用などの商業目的が発覚した場合でもお客様に失礼にならないように断定せず、まずは状況把握のため居住されているお客様に直接お電話で確認することがございます。不動産業界ではこれを“勧告”と呼ぶこともありますね」

最終更新:10/4(火) 17:30

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ