ここから本文です

はるな愛、半同棲中の年下青年と都内カレー店でデート! その甘すぎる会話内容とは

週刊女性PRIME 10/4(火) 12:12配信

「味わったことがないステキな結婚式でした。私も結婚した~い! 来年したい~!!」

 と、9月29日にイベントで語ったのは、タレントのはるな愛。前日に帝国ホテルで行われていた、片岡愛之助と藤原紀香の披露宴に出席した率直な感想をもらしていた。

「はるな愛さんはもともと、紀香さんととても仲がよく、“紀ねぇ”と呼んで慕っていました。今回の結婚式を見て触発されたのか、結婚への欲求をずーっと叫んでいましたね」(芸能レポーター)

 そんな彼女にも半年前から交際している人がおり、お相手は23歳年下の一般男性だと公言している。3か月前から同棲も始めており、現在はラブラブ生活の真っただ中! 

 実はシルバーウイークの終盤に、ウワサの彼とランチを楽しむ姿をキャッチ。

「このお店は、紀香さんと愛之助さん夫妻も通う世田谷区内のカレー店『P』。ハマっていた当時、紀香さんは週5で通っていたそう。本格的なタイカレーで、辛さがやみつきになったみたいです。仲よしのはるなさんに紹介したのかもしれませんね」(常連客)

 14時ごろに遅めのランチに現れたふたりは、店の奥へ。ほとんど満席状態で、周りの人も彼女に気がついていた。

「“LOVE”と書かれた赤いキャップを斜めに深くかぶったはるなさんと、メガネをかけて優しそうな雰囲気の男性だったんです。コソコソとお話をしていたのですが、独特なお声ですぐにわかりました」(居合わせた女性客)

 混雑していたからかカレーが出てくるまでに時間がかかっていたが、ラブラブなふたりにはその時間も貴重だったようで─。

「彼は、はるなさんのコップのお水が少なくなるとすぐに注いであげていて、すごく気遣いができる人だなと思いました。はるなさんもそのたびに、“あら、ありがとー”って甘えていて。とってもいい雰囲気のカップルでしたよ」(前出・居合わせた女性客)

 お待ちかねのカレーが届くと、おいしそうに頬張るはるな。彼女はチキンカレーに小盛りのライス、サラダ2つをオーダーしていた。

「はるなさんは来店すると、いつも同じ注文です。チキンカレーはかなりの辛さで、初心者はビックリしています」(前出・常連客)

 常連のはるなは、そんな辛さにも慣れているのかチキンカレーを口に運んで味わうと、

「ねぇ、辛い?」

 と、問いかける。会話からして、彼はおそらく初心者なのだろう。それでもニコニコと、カレーとハニーとの会話を同時に楽しむ。

「うん、辛いね」

「でも、おいしいでしょ?」

「うん、おいしい」

 と、終始ラブラブムード。所属事務所にこの日のことを問い合わせると、

「その日、一緒にいたのは彼で間違いありません」

 とのこと。

最終更新:10/4(火) 12:15

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。