ここから本文です

SMAP“最後”のCDアルバム『SMAP 25 YEARS』は元Iマネの置き土産か

週刊女性PRIME 10/4(火) 11:51配信

 10月4日、SMAP“最後”のCDアルバム『SMAP 25 YEARS』投票が締め切られる。'91年からのシングル55曲、そしてアルバム収録曲などから聴きたい楽曲をホームページから投票選出してできる3枚組。まさにファンのためのアルバムだ。

「ファンも待ちかねたでしょうが、ビクターはようやく“ドル箱”CDが出せるとあって鼻息が荒い。100万枚は当然、ジャニーズグループのアルバム最高売り上げ記録を持つ嵐の190万枚超えも視野に入れているみたいですね。

 社内のS(MAP)チームは、これからメディアやレコード店など各方面での宣伝に力を入れていきます。でも本当は、5人がファンの前で歌うことが一番の宣伝になるんですけど……」(音楽雑誌編集者)

 新年早々に勃発した独立騒動、そして各方面で報じられてきたメンバー間の軋轢。毎年出演していた各局の歌番組も「新曲を出していない」などの理由で次々辞退した。

 これに頭を抱えていたのが、'91年のデビュー曲『Can't Stop!!  -LOVING-』からSMAPを支えてきたレコード会社『ビクターエンタテインメント』だ。

 本来なら25周年の今年は新曲をリリース、記念コンサートも盛大に行う予定だった。しかし、窓口を務めていたI元マネージャーの退社により、待てども話は一向に進まず。結果、いずれも白紙となってしまった。

「8月に新曲をお披露目することで話がまとまっていたといいます。というのも、中居がキャスターを務めたTBS系『リオ五輪』番組テーマソングに新曲が内定していたのだとか。結局“選手への感動をありがとう”という意味で、『ありがとう』が起用されました」(テレビ局関係者)

 そして皮肉にもリオ五輪真っただ中の8月14日、ついにSMAPの年内解散が正式発表されてしまった。'04年をのぞき毎年リリースされてきたシングルも、今年はどうやら望みはなさそうだ。

「Iさんが抜けたいま、5人をまとめ上げられる存在がジャニーズにいなくなってしまった。一説ではジャニー喜多川社長ですら、説得できなかったというのですから大変なことです」(芸能プロ関係者)

 ジャニー社長が“生みの親”であるなら、I元マネージャーはまさに唯一無二の“育ての親”。5人が互いに納得して歌うには、彼女なくして実現はできなそうだ。

 そして12月21日に発売されるベストアルバムも、彼女の置き土産だという声も。

「解散だから発売ではなく、もともと昨年より25周年を記念して計画が練られていたといいます。そしてデビュー日の9月9日に発売、コンサートツアー開幕となっていたのかもしれません。が、解散が決定したいま商業的にファン投票による収録曲、発売日も年末にずらしたのでしょう」(前出・音楽雑誌編集者)

 それにしても、“ベスト”とは聞こえはいいが、収録曲は当然ながら既出シングルをかき集めたCD。ファンはすでに持っていそうだけど? 

「全国のファンによるCD購買運動の中心となっているのが『世界に一つだけの花』。これまで約260万枚を売り上げていましたが、今年で出荷枚数は300万枚に到達。過去のほかの楽曲もあわせて売れ続けています」(レコード会社関係者)

 熱心なファンは当然のこと、最後のアルバムとなれば一般ファンやそれ以外の人たちをも取り込めるかもしれない。とくに『世界に~』は小中学校の音楽の教科書に載る、誰もが知る国民的“スマウタ”。やはり『25 YEARS』でも『世界に~』が獲得票数1位に輝くのだろうか!? 

最終更新:10/4(火) 11:51

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)