ここから本文です

SMAPファンが選んだ「アルバムに入れたいシングル曲」NO.1は意外なアノ曲

週刊女性PRIME 10/4(火) 22:30配信

 10月4日、SMAP“最後”のCDアルバム『SMAP 25 YEARS』投票が締め切られる。'91年からのシングル55曲、そしてアルバム収録曲などから聴きたい楽曲をホームページから投票選出してできる3枚組。まさにファンのためのアルバムだ。

 そこで「週刊女性」本誌でも「アルバムに入れたいシングル曲」を1曲投票してもらい、TOP10をランキング表にまとめた(各曲の獲得票数は4ページ目をご覧ください)。

 栄えある1位に輝いたのはなんと、

1位:『オリジナルスマイル』(13作目'94年6月6日発売)

「いちばん元気になれる曲です。東日本大震災のとき、日本中を笑顔にしたのもこの曲です」(40代/会社員)

「笑顔の大切さを実感できる歌で、悲しいときに聴くととても前向きになれる!!  私の応援歌!」(30代/派遣社員)

「初めて行ったコンサートで、会場全体で手を振った一体感が忘れられません。自然と涙が出ました」(40代/主婦)

 東日本大震災が起きた'11年に発売されたベストアルバム『SMAP AID』でも、ファン投票で1位に選ばれた同曲。解散に直面したいま、また笑顔になりたいのだろう。

 2位は僅差もやはり強い。

2位:『世界に一つだけの花(シングルヴァージョン)』(35作目'03年3月5日発売)

「誰もが知っている国民的代表曲。ファンの友達とカラオケに行くと絶対最後に歌う曲」(20代/フリーター)

「子どもの卒業式で、在校生が歌ってくれて感激しました」(50代/主婦)

「みんなが知っている曲なので、英語の授業の題材にして生徒たちと英訳を考えて歌いました」(40代/教員)

 やはり一般的にはSMAPといえばこの曲。世代を問わない知名度で文句ナシ! 

 SMAP初のミリオンセラーが3位にランクインした。

3位:『夜空ノムコウ』(27作目'98年1月14日発売)

「スガシカオさんの詞が、今まで自分たちがたどってきた道すじを問いかけるような、静かで内省的な詞だけど、どこか未来に希望を感じさせてくれる」(50代/自営業)

「SMAPは解散だし、スガさんはこの曲を封印するそうで、聴けなくなってしまうのは残念」(40代/会社員)

 作詞を担当したスガシカオのファンからもリクエストが。

 4位には同数で2曲。

4位:『青いイナズマ』(22作目'96年7月15日発売)

「木村クンの“ゲッチュー”が最高にカッコよかった。コンサートでは地鳴りのような歓声が」(30代/パート)

「森(且行)クンがいなくなり5人初のシングルで複雑だったけど、気丈に頑張っていた姿が印象的」(40代/主婦)

 5位:『らいおんハート』(32作目'00年8月30日発売)

「月並みですが、ちょうど息子が生まれたころで、“一生守っていきたい”と思っていました。今では私よりも大きいですが(笑)」(40代/主婦)

「“いつか子どもが生まれたら、世界で二番目に好きだと話そう”の歌詞にキュン♡」(30代/会社員)

6位:『SHAKE』(23作目'96年11月18日発売)

「仕事でカラオケを仕切るとき、“最後に盛り上がって終わりましょう”とみんなで歌うと、やりきった感が出るのかおとなしく帰ってくれます(笑)」(40代/会社員)

「“渋滞のタクシーも進まなくたってイライラしない”と家族旅行の車内で流れていたのですが、運転していた父は渋滞にあからさまにイライラ。いい思い出」(20代/学生)

 7位は草なぎ剛の出世作『いいひと。』(フジ系)の主題歌。

1/2ページ

最終更新:10/4(火) 22:30

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)