ここから本文です

残業するより早く出社した方が評価される:研究結果

ライフハッカー[日本版] 10/4(火) 12:10配信

どれだけ遅くまで会社に残って仕事をするかは、実は重要ではありません。最近のワシントン大学の研究結果によると、上司は早く出社する人物を高く評価することがわかりました。

149組の上司と部下を対象に実験をしたところ、上司は、部下の誠実度と仕事の成果によって評価をしており、労働時間の長さも考慮していました。

仕事の成果と誠実度に、労働時間の長さも考慮しているとはいえ、上司は遅く仕事を始める社員を、あまり誠実だとは思っていないこともわかりました。上司がこのような認識をしているため、労働時間は同じでも、仕事を始めるのが遅い社員の評価は低くなっています。

また、上司自体の働き方によっても違います。上司が遅く働き始めるタイプの場合は、遅く働き始める部下をネガティブに感じていません。しかし、そのような上司も、早くから働いている人に対してポジティブな評価をしています。

つまり、この研究によってわかったのは、上司に良い評価をしてもらいたいなら、早く出社した方がいいということです。

Morning employees are perceived as better employees | APA Psycnet via Business Insider

Mihir Patkar(原文/訳:的野裕子)
Photo by Shutterstock.

最終更新:10/4(火) 12:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。