ここから本文です

ジェームズ・ボンド役、いまだにダニエル・クレイグ続投が最有力!?

MEN’S+ 10/4(火) 11:58配信

未だに次作のボンド役に  最有力視されているようです!

 「007」シリーズの次回作に向けて、過去4作でジェームズ・ボンド役を務めてきたダニエル・クレイグが、いまだに最有力視されているようです。次期ボンド役を巡って様々な噂が飛び交っているものの、2006年作『カジノ・ロワイヤル』以来、主役を演じたダニエルの5作目への続投をバーバラ・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソンらプロデューサー陣が熱望していることを、シリーズの重役であるカラム・マクドゥーガルがBBCに明かしました。
 
 次期ボンドに向けてはここ数カ月の間、エイダン・ターナーやイドリス・エルバ、トム・ヒドルストンらの名前が挙がっていました。
 
 昨年、ダニエル本人が次回作続投について後ろ向きな発言をしていたことで、ボンド交代の噂に拍車がかかっていました。そしてM役を演じた共演者のジュディ・デンチも、「ダニエルは疲れ切っているんじゃないかしら」と発言し、ボンド役からの休みが必要であるという考えを明らかにしていました。
 
 また、前2作品を手がけたサム・メンデス監督も、すでに新作には参加しない意向を表しています。

メンズ・プラス編集部/BANG SHOWBIZ

最終更新:10/4(火) 11:58

MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。