ここから本文です

芥川賞受賞で35万部! 「火花」を除けば異例の売れ行き

Book Bang 10/4(火) 17:02配信

 芥川賞。それはある種のお祭りだ。近年では発表の様子や受賞コメントがネット上でライブ中継され、瞬間的な熱狂度はますます高まっている。一方で、その熱量が持続しない、あるいは実際の購買になかなか繋がらないのが業界の悩みだったわけだが─今、ちょっとした異変が起きている。

 村田沙耶香『コンビニ人間』、累計35万部。同じコンビニで18年間バイトし続ける主人公の視点から、グロテスクかつコミカルな日常を鮮やかに活写したこの作品、7月27日の発売後にオリコンランキングの総合部門(ここ重要)で1位を獲得するや、以降も連続で首位をキープするなど快調に売れ続けている。その人気に応えるべく、都内のコンビニで行われたサイン会には、平日の昼間にもかかわらず130人のファンが詰めかけた。

「とはいえ、実はあまり特別なことはしていないんです」とは宣伝担当者の弁。強いていうなら受賞直後に村田氏の短いインタビュー動画をツイッター上にアップしたくらい。ここまでのムーブメントが起きるとは予測していなかったという。

 また、書店員も「又吉直樹『火花』を除き、近年の芥川賞の中では異例の売れ行き」と興奮気味に語る。「何が素晴らしいって過去作も飛ぶように売れている点。直近の単行本が売れているのも珍しい」。それだけ作家に対する読者自身の期待値が高いということでもある。

「小学生の女の子がお父さんに連れられて問い合わせに来たときにはジーンとしました。いわゆる現代の純文学の作品が、そういうお客様の視界にもちゃんと入るようになったんだな、と……。もちろん店内で“ラストがすっきりしない”みたいな会話をしている方もいらっしゃいますが、そもそもそういう会話が書店で聞けるようになることが大事なんでしょうね」(同)

 又吉フィーバーの際、「祭りのあと」を懸念する声も多かったが、いずれにせよ花火とは囲い込んで愛でるものではない。すべての人々の暮らしと地続きにある「コンビニ」から文芸が返り咲くのだとしたら、前途は明るい。

[レビュアー] 倉本さおり(書評家、ライター)
※「週刊新潮」2016年9月15日号掲載

SHINCHOSHA All Rights Reserved.

最終更新:10/4(火) 17:02

Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。