ここから本文です

【イベント】11月19日(土)鈴鹿サーキットを舞台に、グループCカーやNSRなど伝説のマシンが大集合

エイ出版社 10/4(火) 17:10配信

伝説的レーサーのバイクやクルマ

今年で2回目となる、鈴鹿サーキットを舞台にしたヒストリックマシンのイベント『RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2016』。このイベントは、モータースポーツを振り返り、伝説的レーサーのバイクやクルマをサーキットに集めて、走らせてしまおうというもの。国内だけでなく海外からも名車を集め、日本では見られないマシンも登場する予定だ。

今年の冠スポンサーになっているリシャール・ミルはスイスの高級腕時計メーカーで、クルマ好きであるリシャール・ミル氏が所有するマシンも展示予定だ。ほかに、一般ライダーも参加できるヒストリックバイクの走行会やパレードランへの参加なども行なわれる。当時のマシンが元気に走り回る姿を楽しんで、モータースポーツの歴史を楽しんでみてはいかが?

モータースポーツの歴史を楽しんでみてはいかが?

【クルマ編】
世界を驚かせたグループCのモンスターマシンや、60年~80年代のレーシングマシン、伝説のフォーミュラ1などカテゴリー豊富なクルマが走る。
(写真上)ロータス ヨーロッパスペシャル
(写真中央)スカイライン シルエットフォーミュラ

【バイク編】
59年にマン島TTレースで戦った125ccのレーサーや、世界GPを戦ったNSRなど、音を聞く機会のないマシンがサーキットに大集合!
(写真下)YAMAHA RD56

【イベント概要】
『RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2016』
日時:11月19日(土)9:00~16:45/20日(日)9:00~16:55
場所:鈴鹿サーキット
住所:三重県鈴鹿市稲生町7992
http://www.suzukacircuit.jp/soundofengine/

【INFORMATION】
モビリティランド
TEL:059-378-1111
http://www.suzukacircuit.jp/

最終更新:10/4(火) 17:10

エイ出版社

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。