ここから本文です

本物の教養とは? 半藤一利×出口治明の歴史雑談

Book Bang 10/4(火) 17:19配信

 出口治明という人に最初に会ったとき、その教養の広さと深さに圧倒された。深い湖を縁から覗きこんでいるようで、何やら恐ろしい気分になったほどだ。

 古今東西の歴史に通暁した出口と、「国民的日本史家」とでも言うべき半藤一利。『世界史としての日本史』は、本当の教養人による上等上質な歴史雑談。面白くないわけがないが、実際に読者の期待を裏切らない。

 軸となる主張はカバーに掲げられた「『日本は特別な国』という思い込みを捨てろ」。この惹句だけだと、日本は他国と変わらない国だという話に聞こえるが、そうではない。日本は独自の歴史を経て今に至る。もちろん、その在りようは他国と異なる。しかし、それは他国も同じこと。要するに、日本が特殊なのではなく、すべての国は個別的なのである。

 異なる国の個別性を十分に踏まえたうえで、他者を相対化し、自らを理解する。ここに歴史的教養の本領がある。そのためには先入観に左右されないニュートラルな視点が大切だ。物事に対して正面から素直に構える姿勢、これが教養練成の起点にある。

 歴史的教養は一朝一夕では身につかない。「真の『教養』が身につく」という本書の売り文句はもちろん嘘である。しかし、少なくとも、本物の教養とは何かを見せてくれる。そして、それ以上に無教養とはどういうことかを教えてくれる。世界が転換期にある今こそ、読む価値がある一冊だ。

[レビュアー] 楠木建(一橋大学教授)
※「週刊新潮」2016年9月15日号掲載

SHINCHOSHA All Rights Reserved.

最終更新:10/4(火) 17:19

Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。