ここから本文です

犬を飼うのにかかる費用は年間いくら?

@DIME 10/4(火) 8:10配信

犬の一生涯にかかる費用についてですが、一般的には大型犬ほど高くなるといわれていますが、近年は小型犬にかかる費用も高くなっています。これは愛玩犬だからこその、トリミング代やファッション代などペットグッズにかかる費用が増えているといわれています。

以下は、ペット保険の「アニコム損害保険会社」が契約者に対して行った、2015年の1年間にペットにかけた費用(年間支出)に関する調査の結果です。

病気、けがによる治療費:¥57,822

フード・おやつ:¥48,772

躾、トレーニング:¥55,032

シャンプー、カット、トリミング:¥38,775

保険料:¥42,538

ワクチン、健康診断等:¥23,282

ペットホテル、ペットシッター:¥26,484

日用品:¥15,859

洋服:¥11,821

ドッグランなど遊興費:¥ 5,661

また、東京都が平成23年度に発表した「ペットに関する調査報告書」によると、年間のフード代、医療費、雑費はそれぞれ3万円から6万円で、犬1匹にかかる年間費用は12万円以上という結果が出ています。

これから犬を飼おうという方は是非参考にしてくださいね。

文/大原絵理香

@DIME編集部

最終更新:10/4(火) 8:10

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。