ここから本文です

早くも2敗目のバルサ。「敗戦の一因は自分にある」と責任を背負うMFブスケッツ

フットボールチャンネル 10/4(火) 7:40配信

 リーガエスパニョーラ第7節にして、今季2敗目を喫したバルセロナ。MFセルヒオ・ブスケッツは「敗因の一つは自分にある」と責任を感じているようだ。2日、スペイン紙『アス』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 先にレアル・マドリーが引き分けていた結果を受け、勝てば単独首位に立てる状況で試合に臨んだバルセロナだったが、昨年も敗れたアウェイのセルタ戦で今年もまた3-4と敗北を喫してしまった。

 ブスケッツは、試合後のインタビューで「敗戦の責任の一員が私にあるのは明らかだ。ベストなプレーができなかった。ピッチ上の重要なエリアでプレーしていれば、一つのミスが大きなペナルティを生んでしまう」と述べる。

 そして、28歳のMFは「チームがタイトルを勝ち獲り、世界のベストであった時の状態に戻れるようにしなければならない。我々はロボットでも、マシンでもない。時にポジショニングのミスもするし、ゲームコントロールのミスもする。我々がたどり着くべきところが高いのは皆分かっている」と続ける。

 「先制点が我々に大きくのしかかり、その後さらに2失点。我々のポジショニングが悪かったし、ミスも犯した。逆転したかったが、失点が我々にのしかかった」と改めてゲームを振り返った。

フットボールチャンネル

最終更新:10/4(火) 7:51

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。