ここから本文です

バロテッリの“濡れ衣”初退場処分に指揮官は異論 「マリオは何も悪いことをしていない」

Football ZONE web 10/4(火) 10:10配信

バロテッリはマーカーと会話し、二人とも落ち着いた様子ながらイエローカード提示

 ニースの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリは2日の本拠地ロリアン戦後半40分に劇的な決勝弾を決めながらも、後半アディショナルタイムに二枚目のイエローカードを受けて退場処分となったが、ルシアン・ファブレ監督は悪童の退場処分に異論を唱えている。ニースの公式サイトが報じた。試合はニースが2-1で勝利している。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 バロテッリは後半40分に衝撃の一撃を決めた。敵陣左で味方からラストパスを受けるとボールを持ち出しながら右足を一閃。今季6ゴール目となる強烈な一撃を決めた。

 だが、歓喜のあまりにユニフォームを脱ぎ、振り回すパフォーマンスで無用なイエローカードを受けた。そして、後半ロスタイムには相手DFにドリブルを仕掛けた後、マーカーとのささいなやり取りが主審に見咎められ、再びイエローカード。バロテッリはフランス・リーグアンで初退場となった。

 だが、この2枚目のイエローカードの判定に指揮官は怒った。「正直、何が起きたのか全く理解できなかった。マリオは何も悪いことをしていない。悪いジェスチャーもなかった。小さな画面で見ただけだが、落ち着いて何が起きたのか見直さなければいけない」

 バロテッリはマーカーと少し会話をしているが、二人とも落ち着いた様子だった。指揮官は2枚目の警告について濡れ衣と主張している。そして、復活の兆しを見せるバロテッリを高く評価している。

「彼の決定力を理解できないなら盲目」

「マリオは信じられない能力者。右足とヘディングは素晴らしいが、左足に改善の余地がある。彼のゴール前での決定力を理解できないとすると盲目と言わざるを得ない。チームメートとスタッフへの態度も素晴らしいよ」

 リバプールとミランで過去2シーズン1得点ずつに終わったバロテッリは、昨季後にリバプールから戦力外扱いを受け、移籍先探しに苦労した。フランス初退場というケチもついたが、改心したスーパーマリオは復活の道を歩んでいるようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/4(火) 10:10

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。