ここから本文です

iOS 10で大きく生まれ変わった『メッセージ』を使いこなそう

ライフハッカー[日本版] 10/4(火) 21:10配信

iOS 10アップデートの目玉といえば、新しくなった『メッセージ』です。楽しい機能が一気に増えて、アニメーションやステッカーなども使えるようになりました。では、メッセージを使いこなす方法を説明しましょう。

吹き出しや画面にエフェクトを使う

iOS 10では、メッセージの吹き出しにアニメーションを追加したり、画面全体にアニメーションを表示したりできるようになりました。エフェクトを使うには、まずメッセージを入力してから、メッセージの右横にあるブルーの上向き矢印を長押しします(3D Touch対応の6sならびにそれ以降の機種は強めに押してください)。すると、吹き出しに追加できるエフェクトのリストが表示されます。エフェクトは次の4種類です。

スラム:吹き出しが画面に叩きつけられるように表示されます。
ラウド:メッセージが大きくなります。
ジェントル:メッセージが小さくなります。
見えないインク:受け取った側が吹き出しをスワイプすることで隠れていたメッセージが表示されます。

ブルーの矢印を長押しして(あるいは強めに押して)開いた画面の上部にある「スクリーン」をタップすると、画面全体を使ったアニメーションを選択することができます。最初に出てくるのは「風船」のアニメーションですが、左にスワイプしていくと「紙吹雪」「レーザービーム」「花火」「流れ星」が選べます。エフェクトを加えた吹き出しのメッセージと、全画面表示のアニメーションを同時に送信することはできませんので、それぞれを上手に使い分けてくださいね。

エフェクトを使ったメッセージを送っても、相手がiOS 10にアップデートしていない、あるいはAndroidユーザーである場合は、エフェクトは表示されず、「見えないインクで送信」といった謎の説明が現れるだけになりますから気をつけましょう。

メッセージを手書きする

手書きのメッセージを送っていた時代が懐かしいというみなさん。iOS 10でついに、手書きメッセージを送れるようになりました。とはいえ、手書き機能を開く方法は少々わかりづらく、見落としてしまいそうです。

メッセージを開きます。
iPhoneを横向きにします。
英語キーボードの右下にある、ブタのしっぽのようなマークが描かれた「手書き入力モード」をタップします。
指でメッセージを手書きしたら、送信ボタンを押します。「ありがとう」などのテンプレートもあるので、使ってみるのもいいかもしれません。

同じiOS 10のユーザーが手書きメッセージを受け取ると、目の前で文字が書かれているようなアニメーションとしてメッセージが表示されますが、iOS 10以外ではただの静止画像です。

1/4ページ

最終更新:10/4(火) 21:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。