ここから本文です

負傷のエース・ハメスを諦められないコロンビア代表。南米予選強行出場もあるか?

フットボールチャンネル 10/4(火) 8:00配信

 エイバル戦直前のウォーミングアップで負傷し、同試合を欠場したレアル・マドリーのMFハメス・ロドリゲス。そんな状況の中、ワールドカップ(W杯)南米予選を控えるコロンビア代表はエース・ハメスの合流を諦めていないようだ。3日、スペイン紙『アス』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 エイバル戦ではスタメンに名を連ねていたハメスだったが、直前で出場を回避。試合後のマドリーの発表では、左足ふくらはぎに重度1の負傷を負ったということだ。

 そんな中、南米予選を控えるホセ・ペケルマン監督率いるコロンビア代表は、最後まで”背番号10”の招集を諦めていないようだ。ハメスの合流後、代表のメディカルチームが最終的な判断を行うことになるようだ。

 現在、南米予選は8試合を終えて、勝ち点16で首位に立つウルグアイから7位につける勝ち点11のチリまで、上位が大混戦状態である。勝ち点13で4位につけるコロンビアは、今回の代表ウィークでは、5位パラグアイ(アウェイ)と首位ウルグアイ(ホーム)との対戦が控えており、躍進のチャンスとなっている。

 ただ、同紙では、こうしたケースの負傷では通常約8日は回復に必要であり、2試合とも欠場するのが通例であると述べている。大一番を控えるコロンビア代表にとっては是が非でもエースの出場が必要なところだが、一方で多くの負傷者を抱えるマドリーにとっては慎重を喫したいところであり、ハメス自身も大きな決断が迫られそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:10/4(火) 8:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。