ここから本文です

希少なサイの角、取引解禁もくろむ不穏な動き、南ア

ナショナル ジオグラフィック日本版 10/4(火) 18:05配信

 サイの密猟は過去10年で急増している。南アフリカ共和国では密猟で殺されたサイが、2007年には13頭、翌2008年は83頭だったが、2015年には1175頭に達した。サイ9000頭が生息する同国のクルーガー国立公園では、平均2~3日に1頭のペースでサイが殺されている。

【フォトギャラリー】ナショジオ写真家が撮り下ろした、南ア「サイ戦争」の最前線

「サイをめぐる闘いは、麻薬戦争のような状態です」と、同公園で主任レンジャーを務めるゾラニ・ニコラス・フンダは言う。「莫大な額の現金と賄賂が動き、司法制度は無力、裁判では負けてばかり。地元の警察も密猟者に協力しているありさまです」

1300頭を飼育、世界最大のサイ牧場

 密猟者の目当ては、サイの角だ。角の粉末は、がん、二日酔い、毒ヘビのかみ傷など万病に効くと信じられ、精力増強の薬としても使われる。闇取引される角のほとんどはベトナムと中国に輸出され、アジアでの取引価格は何倍にも跳ね上がるという。

 サイの角はケラチンというタンパク質でできていて、毛髪や爪と同じように、切ってもまた伸びてくる。南アフリカでは現在、サイの角を売ることは違法だが、許可を得れば角を切ることはできる。そこでサイを飼育して定期的に角を“収穫”するサイ牧場もある。南アフリカに世界最大のサイ牧場を所有するジョン・ヒュームは、1300頭のサイを飼育。1~2年に1回、鎮静剤を投与して角を切り取っている。1頭から取れる量は2キロ程度。切った角は銀行の貸金庫などで厳重に保管され、売買解禁の日を待っている。

サイ殺しで起訴された男

 南アフリカには、サイの角の闇取引で世界的に知られる人物もいる。元警官で、サファリ経営で巨万の富を築いたダビ・グルネバルトだ。

 グルネバルトは、所有する私有地で多数のサイを殺したという評判がある。サイを違法に殺して角を切ったほか、角の取引、恐喝、資金洗浄など1739件に及ぶ違法行為の疑いで、南アフリカ当局から起訴されている。グルネバルトと弟のヤネマンは、10人前後の米国人をだまして南アフリカで違法にサイ狩りをさせた疑いで米国でも起訴され、身柄の引き渡しを要求されている。

1/2ページ

最終更新:10/4(火) 18:05

ナショナル ジオグラフィック日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ナショナル ジオグラフィック日本版の前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。