ここから本文です

映画監督デヴィッド・リンチが語る上手なアイデアの「釣りかた」

ライフハッカー[日本版] 10/4(火) 23:10配信

Inc.:人生を飛躍的に進歩させたいなら、それが仕事であれ家庭のことであれ学業であれ、イノベーションが必要です。自分の状況や方向性がどうであれ、ものごとが悪い方向に進んでしまえば解決策が必要になります。しかし、イノベーションはどうやって起こせばいいのでしょうか?

『ツインピークス』や『マルホランド・ドライブ』といった作品で知られる映画監督デヴィッド・リンチ。過去に行われた2つのインタビューで彼は「アイデアはどこから来るのか」「アイデアを引き寄せる方法」について語っています。今回は2つのインタビューの内容をまとめてご紹介します。

アイデアは「魚」のようなもの

デヴィッド・リンチは「すべての始まりはアイデアです。」と語っています。そして、アイデアという概念について次のように喩えています。

「アイデアとは魚のようなものなのです。魚は作れません。だから捕まえるのです。」

彼によれば、アイデアはこちらにやって来るように説得しなければいけないのだそうです。また、アイデアを求める情熱を持つことは、餌の付いた釣り針を下ろして何が釣れるか待っている状態と同じだとも。

「アイデアは空想から、もしくは場所を変えることで“釣る“ことができます。場所を変えることでアイデアが釣れると感じるなら、家を出て旅に出ましょう。」

一旦アイデア探しの旅に出たら、アイデアはいつどうやって釣れるのか誰にも分かりません。空想しているときに釣れるかもしれないし、道を歩いているときにふと釣れるかもしれません。水面上に変化を感じた次の瞬間、釣竿がなにかを捕らえるのです。その瞬間、メモパッドを取り出してアイデアを取り逃がさないように記録します。そして、創造性について研究している研究者たちによれば新しい経験、思考、スキル、そして知識を自分に餌付けすることが大切だと言います。そうすることで予想外の衝突が生まれて、アイデアが花開くのです。新しいものをなにも取り入れなければクリエイティブではいられません。

1/2ページ

最終更新:10/4(火) 23:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

ライフハッカー[日本版]の前後の記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。