ここから本文です

ユーベ、最後のピース獲得へ。今夏破談のMFヴィツェルに冬市場で再アタック

フットボールチャンネル 10/4(火) 9:00配信

 ユベントスのジュゼッペ・マロッタCEOは、今夏、移籍寸前で破談になったゼニトのMFアクセル・ヴィツェルに再アタックすることを示唆している。3日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 マロッタCEOは同日、冬の移籍市場について言及し、今夏、獲得寸前に行きながらもゼニトの拒絶にあったヴィツェルの移籍について「彼は我々ともう少しで契約するところだった選手。1月に、あるいはシーズン中に合意に達するようにチャレンジする」と述べている。

 このベルギー代表のMFとユベントスは、この夏の移籍市場最終日、トリノ入りしたヴィツェルがあとはメディカルチェックとサインを残すという段階で、突如ゼニトが態度を硬化させ、書類提出を拒否し、悲劇的な物別れを迎えるという経緯があった。17年夏にはフリーでの移籍も可能になるが、マロッタCEOの発言が本当なら、今冬に再アタックすることになる。

 また、同CEOは今季終了後に、ボカ・ジュニアースの19歳のMFロドリゴ・ベンタンクールの加入も明言している。一方で、昨季までユベントスに所属し、今季、古巣のレアル・マドリーに復帰したFWアルバロ・モラタの再獲得の噂については「マドリーが彼を放出しないだろう」と否定した。

フットボールチャンネル

最終更新:10/4(火) 9:32

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。