ここから本文です

なぜ川島永嗣が必要なのか? ハリルJ再生を託された“第3GK”の使命

フットボールチャンネル 10/4(火) 10:50配信

 10月の代表ウィークでメンバーに復帰した川島永嗣。クラブではトップチームでの出場機会なく厳しい立場にある。だが、それでも招集されたことには大きな意味がある。現状では第3GKという位置づけだが、ハリルホジッチ監督も大きな期待を寄せている。なぜなのか。(取材・文:元川悦子)

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

ハリルが期待を寄せるGK川島

「(川島)永嗣はメスのセカンドチームでプレーしている。彼にはグループの中で特別な役割を担ってもらいたい。発言力もあるし、チームによいスピリットをもたらせる。リーダーの1人でもあり、経験もある。厳しい戦いにおいて、彼の存在感が必要になってくる。

 彼がプレーするかどうかはまた別問題だが、経験のある選手の1人であるため、期待している。この2試合、今までより本当にメンタルを出していかなければいけない試合になるため、そのために永嗣を呼ぶ」

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が9月29日の2018年ロシアW杯アジア最終予選・イラク&オーストラリア2連戦(10月6・11日)に挑む日本代表メンバー発表会見でこう強調した通り、チーム全体のメンタル強化のために33歳の守護神が満を持して招集された。

 その川島は代表合宿2日目となる3日のトレーニングから長谷部誠(フランクフルト)、香川真司(ドルトムント)ら8人とともに合流。この日はランニングや軽いボール回しを行い、西川周作(浦和)と東口順昭(G大阪)と同じGK練習は消化しなかった。

 ただ、他のフィールドプレーヤー7人が練習を終えた後、エンジェル・ルグシッチ新GKコーチとの個人練習は実施。指揮官も出場チャンスがゼロではないことを、GKコーチを通じて彼に伝えたかったのかもしれない。

「(メスでは)メンバーには入れていないので難しい状況ではありますけど、自分もリザーブチームに行ってやったりしています。今回はヨーロッパの中でも大きいリーグでのチャレンジですし、1日1日、日本人のGKとしてどこまでやれるのかを突き詰めていきたいと思っています。

 今、自分はトレーニングとか、そういうところでアピールしていくしかないですね」と本人はクラブで苦境に追い込まれながらも、試合勘は失っていないことを改めて強調していた。

1/2ページ

最終更新:10/4(火) 11:23

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)