ここから本文です

国外逃亡を画策! イングランド代表監督退任のアラダイス…「チャンスくれるなら断らない」

Football ZONE web 10/4(火) 17:42配信

かつてアメリカのタンパベイ・ローディーズでプレー 思い出の地で再出発を望むも…

 英紙のおとり取材に引っかかり、イングランド代表監督の座を見す見す手放す形になったサム・アラダイス氏が、アメリカでの復活を画策している模様だ。英紙「デイリー・ミラー」が報じている。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 アラダイス氏は、英紙「テレグラフ」によるおとり取材に引っかかり、FIFAなどが禁止している「第三者による選手の保有」規定を回避する指南役などで、40万ポンド(約5400万円)の契約を結んだ。この模様を撮影した隠しカメラの動画が公開されてその悪徳ぶりが公に晒されると、イングランド代表監督への就任からわずか67日での契約解除という異例の事態に発展した。

 そんなアラダイス氏だが、現役時代にアメリカとの縁があった。1983年、当時29歳のアラダイス氏はアメリカのタンパベイ・ローディーズでプレーした経験があり、その時の経験を「人生の転換点」と述懐しているという。その思い出の地に対して、再チャレンジのアピールを行っているとアラダイス氏の友人が語ったと話している。

「もしアメリカで誰かが私にチャンスをくれるなら断らない。そしてイングランドでの現状は、再チャレンジに対して大きな悩み事にならない」

アメリカへの“逃亡計画”は実現するか

 アメリカのメジャーリーグサッカー(MLS)に対して、必死のアピールをしている模様だ。イングランドサッカー協会(FA)のマーティン・グレンCEOは、「罰金から追放まで広がる可能性がある。(処分は)現実的なものだ。証拠ははっきりとしている。決定は証拠に基づいて行う」と厳罰の可能性を示唆している。

 針のむしろであるイングランドから、縁のあるアメリカへの国外逃亡を画策する“ビッグ・サム”の計画は、はたして実現するだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/4(火) 17:42

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革