ここから本文です

本田の移籍話が一気に加速も ミランとチェルシー間で伊代表DFとセスクのトレードを交渉中

Football ZONE web 10/4(火) 19:31配信

チェルシーのコンテ監督は、ミランDFデシリオに加えて金銭を求める強気な条件要求

 チェルシーのスペイン代表MFセスク・ファブレガスの獲得を目指しているACミランに対し、アントニオ・コンテ監督は強気な交換条件を要求しているという。コンテ監督はセスク放出の見返りとして、イタリア代表のホープに加えて金銭を求めていると英紙「デイリー・エクスプレス」が報じている。

伊メディア特集 本田所属の名門ミラン、ベルルスコーニ政権に栄光をもたらした名手トップ10

 中国企業グループに株式99パーセント以上を売却する交渉が基本合意したミランは、冬の移籍市場に向けて資金が到着する見通しで、積極補強に動くと予想されている。そのターゲットの一人がチェルシーのセスクとされているが、コンテ監督もまたチームの補強ポイントに合致している存在をミランのメンバーに見出しているという。そのため、交換条件を突きつけたと報じられている。

 その交換条件とは、ミランのイタリア代表DFマッティア・デシリオをトレード要員に含めることだという。今月20日に24歳になるデシリオは今夏の欧州選手権でミランから唯一のイタリア代表入りを果たし、コンテ監督の指揮下で戦った。両サイドバックをそつなくこなす柔軟性に加え、コンテイズムを熟知しているアドバンテージが大きいと見られる。

 そして、実績十分のセスク獲得を求めるミランに対しては、デシリオとの単純なトレードではなく、プラスして870万ポンド(約11億円)を求めるとも報じている。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」も「コンテがセスクの代わりに、デシリオと1000万ユーロを要求」と触れており、金額こそ異なるが要求のポイントは同様のようだ。

状況次第で先発落ちが続く本田は移籍も…

 早くも冬の移籍市場に向けて、クラブ間の駆け引きは熱を帯び始めている模様だ。ミランは現在、17歳の新鋭GKジャンルイジ・ドンナルンマや2日のサッスオーロ戦で初ゴールを決めた18歳MFマヌエル・ロカテッリなどイタリア人の若手有望株が台頭している。しかし、そうした急成長株は、ビッグクラブのターゲットになっているという報道も後を絶たない。

 セスク加入となれば、リーグ開幕から7試合連続でベンチスタートの日本代表FW本田圭佑はさらなる苦境を迎えるだけでなく、状況次第では他クラブへの移籍話が一気に加速する場合もあり得る。最終的にミランは、有望株の放出とベテランMF獲得のバランスに関して、どんな判断を下すのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/4(火) 19:31

Football ZONE web