ここから本文です

バロテッリの退場処分はイメージ先行の“誤審”? すでにリーグ審判委員長が主審に事情聴取

Football ZONE web 10/4(火) 20:20配信

フランスリーグの規律委員会で協議し、出場停止が取り消される可能性

 ニースの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリに対する退場処分が誤審と認められ、出場停止が取り消される可能性が浮上している。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じた。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 バロテッリは2日の本拠地ロリアン戦で、後半40分に2-1での勝利を引き寄せる決勝ゴールを決めたものの、同アディショナルタイムに2枚目のイエローカードを受けて退場処分を受けた。しかし、その顛末は相手マーカーとささいなやり取りがオリビエ・テュアル主審に見咎められたものだった。

 ニースのルシアン・ファブレ監督は、クラブの公式サイトを通じてこの退場処分に「正直、何が起きたのか全く理解できなかった。マリオは何も悪いことをしていない。悪いジェスチャーもなかった。小さな画面で見ただけだが、落ち着いて何が起きたのか見直さなければいけない」と異論を唱えていた。

 こうした状況を受け、フランスのリーグ審判委員長であるパスカル・ガリビアン氏は映像の確認とともにテュアル主審から事情を聴取し、2枚目のイエローカードの判定が誤審であると確認したと報じている。これにより、今週中に開かれる同リーグの規律委員会で協議し、その結果として出場停止が取り消される可能性が浮上したという。

悪評は晴れる方向に進んでいる模様

 一昨季にリバプール、昨季にACミランでリーグ戦それぞれ1ゴールという大不振に陥ったバロテッリは、厄介払いともいえる形でニースに加入したが、今季はすでにリーグ戦で5ゴール、UEFAヨーロッパリーグで1ゴールを決めて見事に復活を遂げようとしている。

 そんな矢先に起きた“濡れ衣”退場劇だったが、イメージ先行の誤審だった可能性が高まっている。問題の多い振る舞いまで復活したという悪評は、どうやら晴らされる方向に進んでいるようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/4(火) 20:20

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。