ここから本文です

ヨアキム・トリアー監督作『母の残像』、イザベル・ユペールの表情とらえた予告編公開

リアルサウンド 10/4(火) 19:00配信

 11月26日に公開される『母の残像』より、予告編が公開された。

 本作は、ラース・フォン・トリアー監督の甥で、『リプライズ』『オスロ、8月31日』などの監督作で知られるヨアキム・トリアー監督初の英語作品。謎の死を遂げた女性戦争写真家である母イザベル・リードの死の真実に直面した、家族の炸裂する思いを描き出す。『リトル・ミス・サンシャイン』のプロデューサー陣が製作を務め、『ユージュアル・サスペクツ』のガブリエル・バーン、『ソーシャル・ネットワーク』のジェシー・アイゼンバーグ、『8人の女たち』のイザベル・ユペール、『グッドナイト&グッドラック』のデヴィッド・ストラザーンらが出演する。

 このたび公開された予告編では、イザベル・ユペール演じる戦争写真家のイザベル・リードが交通事故に遭う模様や、夫のジーン、息子のジョナとコンラッドによるイザベルとの記憶や現在の思いが映し出される。映像は、イザベルの表情とともに“誰も知らない、もう一人のあなた”のコピーで締めくくられている。

リアルサウンド編集部

最終更新:10/4(火) 19:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。