ここから本文です

「ズラタンは28歳に見える」マンU同僚MF、35歳の誕生日迎えた“王”に感銘

フットボールチャンネル 10/4(火) 21:30配信

 先日35歳の誕生日を迎えたズラタン・イブラヒモビッチだが、いまだに世界のトップレベルで活躍を続けている。その衰えを知らない姿に、今季からチームメイトになった選手たちも驚いているようだ。英紙『デイリー・メール』が報じた。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 スペイン代表としても活躍するアンデル・エレーラは、マンチェスター・ユナイテッドで初めてイブラヒモビッチと同僚になって、トレーニングに臨む姿勢に感銘を受けている。

「彼は全く手を抜かない。毎日の練習でベストを尽くし、最高のレベルですべてを勝ち取ろうとしている。彼は本当に、本当にアグレッシブで厳しいが、いいことだと思う。毎日勝利を追い求めているんだからね。みんな彼とプレーし続けることを望んでいる。僕らはイブラと一緒でラッキーだ」

 あらゆるタイトルを獲得し、ベテランになっても意欲を失わず、パフォーマンス向上のために努力し続けるイブラヒモビッチは、35歳という年齢を感じさせない。常に進化を続けている。

 A・エレーラも「試合を見てズラタンの年齢を知らなかったら、まだ28歳か29歳に見えるね」と、異次元のプレーに感銘を受けている。今季もプレミアリーグ7試合すべてに先発出場し、35歳のベテランとは思えないコンスタントな活躍を披露している。

「彼の振る舞いを参考にするといい。全体練習前にも練習しているし、いつもストレッチを欠かさず、自分の体をケアしている。あれこそプロフェッショナルの行動だ」

 強気な態度や奔放なプレーに注目が集まりがちなイブラヒモビッチだが、その裏には毎日の弛まぬ努力がある。そしてプロとしての模範的な振る舞いで周囲の選手たちを刺激し、チームを活性化させる。だからこそ35歳という年齢でも世界屈指のトップクラブで必要とされ続けるのだろう。

フットボールチャンネル

最終更新:10/4(火) 23:50

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。