ここから本文です

【日本代表】太田が示したイラク攻略のヒント。「“あの形”をチームとしてもっと出せれば…」

SOCCER DIGEST Web 10/4(火) 6:00配信

「そういうチャンスが来た時に試合に出られたら…」

 ワールドカップ最終予選のオーストラリア対イラク戦のTV映像を見た太田は、セットプレーが大切になると言っていた。

【FC東京】フィテッセへ移籍が決まった太田宏介が欧州への道を切り開くまで――。“知られざる過去”から探るパワーの源とは?

 「オーストラリアはCKから点を取っていて。イラクはニアとかにも人数はいるけど、決められている。セットプレーは大事ですね。そういうチャンスが来た時に試合に出られたら、貢献できると思う」
 
 太田が理想のひとつとして挙げた崩しが、タイ戦の1点目だ。
 
「(酒井)宏樹が(原口)元気に出したような形をチームとしてもっと出せれば、相手は怖いかなと」
 
「(中東のチームは)ボールウォッチャーになる傾向がある。オーストラリアの2点目も右サイドの選手が崩していますから、ああいう局面では周りのサポートが大事になってくる」
 
 太田と言えば、最大の武器は左足のクロスである。「そういうチャンスが来た時に試合に出られたら、貢献できる」というのはその左足に絶対の自信を持っているからだろう。所属先のフィテッセでは今季のリーグ戦でわずか3試合出場と振るわないが、正確無比のクロスで存在感を示したいところだ。

最終更新:10/4(火) 6:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。