ここから本文です

【日本代表】キャプテン長谷部に心強い“相棒”。「彼がいるとチームがピリッとする」

SOCCER DIGEST Web 10/4(火) 12:00配信

10月シリーズは“ダブルリーダー体制”で連勝を狙う。

 イラク、オーストラリアと対戦する今回の10月シリーズで、6月のキリンカップ以来の招集となったGK川島に、キャプテンの長谷部は多大なる信頼を寄せているようだ。
 
 ハリルホジッチ監督から“メンタルプレーヤー”として招集された川島に関して、ともに10月3日に合流したばかりで「練習という練習はそんなにしっかりやっていない」状況ではあったが、長谷部は次のように語っている。
 
「彼がいることで、チームがピリッとするというか、そういう部分はある。その存在感は日本代表の中ですごく大きいもの。個人的には非常に期待しています」
 
 キャプテンとしてチームを引っ張る立場にある長谷部にとって、心強い“相棒”が加わったというところだろう。「この2試合で勝点6を取って」(長谷部)と連勝を誓う10月シリーズは、長谷部&川島の“ダブルリーダー体制”で勝利を掴みたい。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 

【日本代表】衝撃だった「寝ている選手がいた」発言。改めて問われるハリルホジッチの指導力

最終更新:10/4(火) 15:24

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。