ここから本文です

【日本代表】誇りを胸に闘志を燃やす長友佑都。イラクの左SBには要注意!

SOCCER DIGEST Web 10/4(火) 21:08配信

「僕らにもプライドがあるので、負けたくない」。

 10月4日、ロシア・ワールドカップのアジア最終予選、イラク戦とオーストラリア戦に臨む日本代表が、さいたま市内でトレーニングを行なった。
 
 この日、合流した欧州組の長友佑都は、本田圭佑とともに別メニューで練習をスタート。2連戦に向けて、調整を進めた。
 
 2日後に迫るイラク戦について、「(イラクは)ある程度、僕らにボールを持たせて、奪ってカウンターというのを狙ってくるんじゃないかな」と試合展開を予想した長友は、同時にイラクのある選手を意識している。
 
 左SBのアリ・アドナンだ。ウディネーゼに所属する22歳のDFは、イラク人初のセリエAプレーヤーで、優れた体躯とスピード、正確なクロスを生かし、イラクの鋭いカウンター攻撃を牽引する。
 
「この間の試合を見ましたけど、すごく良い選手。イタリアでレギュラーとしてやれているというのは、彼自身も自信を持っていると思う。ウディネーゼにイラクの選手がいるというのは、圭佑も知っていて、そこは話をしました
 
 僕は左SBとしてもそうだし、圭佑が右(ウイング)で出たらマッチアップもするので。僕らにもプライドがあるので、負けたくないですね」
 
 同じポジションの選手としても、同じイタリアでプレーする者としても負けられない――長友は誇りを胸に闘志を燃やす。
 
取材・文:多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)
 

【日本代表】衝撃だった「寝ている選手がいた」発言。改めて問われるハリルホジッチの指導力

最終更新:10/4(火) 21:54

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。