ここから本文です

藝大生の“職業病” 最後の秘境「東京藝大」探検記(1)

デイリー新潮 10/4(火) 7:00配信

 傘を手に駅でゴルフのスイング、料理しながらハミング、知らず知らずやってしまうあれやこれや……「なくて七癖」とはよくいったもので、ひとの内面はふとした瞬間に表に出るものだ。

 上野の森の奥深く、東京藝術大学に棲息する学生もまた、例外ではない。ただ、ひがな一日芸術と向き合い、頭から足の先まで芸術に浸りきっている彼らの癖は、一般的なそれとは少々異なる。全学科の現役学生に話を聞いて『最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常』を書き上げた二宮敦人さんに、本には書ききれなかった逸話を聞いてみた。

まわりの視線は気にしない

「飲み会などで食器をひっくり返すそうですよ。こんな風に」

 実際に湯呑を返して裏を覗いてみせながら、工芸科陶芸専攻の学生について二宮さんは言う。「裏側はどういう風に処理しているのか、土は何か、などが気になってしまうそうなんです」

 これはまだ序の口。同じ外食中の振る舞いでも、彫金専攻の学生ではまた少し違う。

「食器の素材によって、テンションが上がるそうです。『このスプーン、本物の銀だ!』とか。普段から貴金属を扱っているので、違いがわかるんですね。『本物はやっぱり、重みがあるんです』と、嬉しそうに教えてくれました」

 ふむふむ、やはり普段から扱っている素材について関心を持つ人は多いようだ。そして、建築科の学生になると癖はやや“不審者”っぽくなる。

「壁を叩くというんです」

 実際に喫茶店の壁を叩いてみせようとする二宮さんを止めつつ、詳しい説明を聞く。

「材質を調べているんですね。壁や床の材質が何なのか、どれくらいの厚みなのか、叩いたり触ったり撫でたりすると。もちろん迷惑になるような場所ではやらないそうですが、普段から関心を持っているんでしょうね」

 音楽環境創造科のとある学生の場合、“不審者”の度合いはさらに上がる。前触れもなく「いきなり手を叩く」からだ。

「こう、パンと。ホールとかで手を叩くと。その残響を耳で確認して、ホールの音響の具合を確認しないと、気が済まないようでした」

 ほかにも、演奏会の客席で奇妙な動きをしている人がいたら藝大生かもしれない。

「打楽器専攻の方ですが、オーケストラを鑑賞する際、オペラグラスを構えて、ぐいぐい身を乗り出して見ると言うんです。何を見ているのかというと、打楽器奏者の手元なんですよ。手さばきはもちろんですが、どのメーカーのどのバチを使っているか、まで確かめると聞いて驚きました」

 芸術への、飽くなき探求心の表れなのだろう。もしかしたら、周りからは怪しい人だと思われているかもしれないが……。

1/2ページ

最終更新:10/4(火) 12:23

デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。