ここから本文です

クリック=派閥の台頭とディーゼルの大化け――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第193回(1995年編)

週刊SPA! 10/4(火) 9:10配信

 1995年はPPV市場がいっきに拡大した1年だった。WWEとライバル団体WCWがこの年に開催したPPVイベントの合計は全20大会。1993年の全11大会、1994年の全13大会と比較すると大幅に増えていることがわかる。これはアメリカのプロレス団体の経営基盤が従来のハウスショーの興行収益からPPVの視聴契約(有料受信料)へと移行したことを示してる。

 WWEはそれまでの1月の“ロイヤルランブル”、4月の“レッスルマニア”、6月の“キング・オブ・ザ・リング”、8月の“サマースラム”、11月の“サバイバー・シリーズ”の5大会に加え、1995年から新企画“イン・ユア・ハウス”を導入した。

 5.14“イン・ユア・ハウス1”(ニューヨーク州シラキュース)、6.25“キング・オブ・ザ・リング”(ペンシルベニア州フィラデルフィア)、7.23“イン・ユア・ハウス2”(テネシー州ナッシュビル)の3大会のカード編成は、いまになってみるとWWE世界ヘビー級王者ディーゼル(ケビン・ナッシュ)の大化けとショーン・マイケルズ派閥クリックKliqの政治的台頭というひとつの流れをはっきりとディスプレーしていた。

 クリックとはディーゼル(ケビン・ナッシュ)、ショーン・マイケルズ、レーザー・ラモン(スコット・ホール)、123キッド(ショーン・ウォルトマン)、ハンター・ハースト・ヘルムスリー(現在のトリプルH)の5人による派閥で、ビンス・マクマホンの意向とは関係なく、リングの上とバックステージを同時にコントロールするために結成された政治的グループだった。

 ディーゼルは1993年6月、WCWからWWEへ移籍。1994年11月、ボブ・バックランドを下しWWE世界ヘビー級王座を獲得し、1995年4月の“レッスルマニア11”ではWWEの主役としてメインイベントのリングに立った(ショーンを挑戦者に迎えてのWWE世界王座防衛戦)。クリックはもともと全米ツアー中の移動仲間だったディーゼル、ショーン、ラモンらの仲よしグループだったが、ある時点から政治的な発言力を行使する派閥に姿を変えた。

 WWEと契約した時点でのディーゼルはキャリア3年のルーキーで、髪はまだ短く、当時はヒールだったマイケルズのボディーガードという役どころを演じていた。

 その後、マイケルズとの仲間割れ―シングルプレーヤー転向という一連のドラマをへて、ニュージェネレーション路線のベビーフェースとしての道を歩み、WWE世界王座を手に入れて“主人公”の座を不動のものとした。ディーゼルはこの間、いちども髪を切らず、セミロングの黒髪が肩までのワンレングスに伸びていくまでのプロセスを映像に残した。

 4.2“レッスルマニア11”から6週間後に開催された5.14“イン・ユア・ハウス1”でディーゼルは“出戻り”のセッド・ビシャスと王座防衛戦をおこない、6.25“キング・オブ・ザ・リング”のメインではベビーフェースに転向したばかりのバンバン・ビガロとの即席コンビでS・ビシャス&タタンカと対戦(ディーゼルがタタンカをフォール)。

 7.23“イン・ユア・ハウス2”のメインイベントとしてラインナップされたディーゼル対セッドのWWE世界戦の再戦は、ランバージャック・マッチとしておこなわれ、ベビーフェース・サイドとヒール・サイドの選手全員がリングサイドに陣どった。このランバージャック・マッチという試合形式もまたクリックにとってはひじょうに好都合だった。

 ディーゼルが十八番ジャックナイフ・パワーボムでセッドからフォール勝ちをスコアした瞬間、ショーン、ラモン、キッドらクリックのメンバーを中心にベビーフェース・サイドがリング上を占拠。観客の潜在意識に訴えるシーンを演出した。

 この日、ショーンは前座の第4試合でジェフ・ジャレットを下しインターコンチネンタル王座を奪取。ディーゼルのWWE世界王座と併せ、シングルのチャンピオンベルトを2本ともクリックが掌握することに成功した。当時、このシチュエーションがクリックによる政治力の行使であることを察知する関係者はほとんどいなかった。

 クリックとはつねに距離を置いていた“ヒットマン”ブレット・ハートは、ランバージャック・マッチのセコンドにはつかず、試合終了後のリング上のカーテンコールにもいっさい姿を現さなかった。(つづく)

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。

日刊SPA!

最終更新:10/4(火) 9:10

週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2016年12月6日号
11月29日発売

¥390

・[死ぬまで年収300万円]の病巣
・眼を劇的によくする方法
・[(裏)流行語大賞]2016
・【インタビュー】ピコ太郎と古坂大魔王

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。