ここから本文です

1,000円でこのボリューム&クオリティ!コスパ最強な海鮮ランチはこれだ!

東京カレンダー 10/4(火) 5:20配信

グルメと名高い、ホフディランのボーカル・小宮山さんが今月おすすめするのは、裏に一本入った小路に佇む、お得な海鮮ランチの店! コスパも満足度も高い、名店の魅力を存分にご紹介します。

【この記事の全ての写真】

『Jige 築地本店』の「鮪かま炭火焼き定食」(平日ランチ限定)

すごいインパクトのある定食がある!という、小宮山さん行きつけの創業20年の名店を求め路地裏へ。

「こちらは築地にあるということもあり、外国人の友人を連れて行くと絶対にウケる店です! 味はもちろん最高ですが、見た目のインパクトが凄くて衝撃を覚えますよね。ちょっとエンターテインメント的な要素もあり、鮪が食べられるお店は珍しいのでは?」

ランチは常時4種類あり、名物でもある鮪かま炭火焼きをメインにした定食は人気メニューのひとつ。

「ランチは小サイズの鮪かま焼きとお刺身や焼鳥が付いたセットもあるのですが、初回にまず食べて欲しいのが、BIGサイズの鮪かま炭火焼きセット。とにかく凄い量と大きさで、インパクトに圧倒されます。思わずニヤッとしてしまう見た目のサプライズ感がいいんですよね」

「味も焼き加減も最高ですが、食べても食べてもなくならない贅沢な鮪…。食べきれない量に手こずると思いますが、その洗礼を初回は楽しんでいただきたい!」

夜の看板メニュー、鮪 中落ち(1名分¥1,500~時価。要予約)こちらは大間の鮪3名分!ハマグリの貝殻で身を削ぐのは、市場で継承される手法なのだとか。「貝殻で削いで食べるのが楽しい、鮪の中落ち(ディナー限定)も絶品です。食はエンターテインメントなんだと感じられるお店です」

一見の価値がある、ボリューム満点の鮪に挑戦してみては?

日本酒に合う、雲丹と帆立のグラタン(¥1,350)

地下にはお座敷があり寛げる

『遊魚 和田丸』の「ピリ辛海鮮丼」(平日ランチ限定)

2軒目は、渋谷の円山町の路地裏の階段途中にある隠れ家的な海鮮の店に潜入。さすが渋谷区観光大使!マニアックな場所の店をご存知だ。

「僕の自宅と事務所の間にあるのが、和田がある神泉のあたりでして。この一帯は通勤路なんです。ここら辺には、ハンバーグの美味しい『キッチン ハセガワ』などがありランチの激戦区で行列店が多いのですが、こちらもそのひとつ。サラリーマンやOLさんが並んでいるので気になって入ってみました」

オーナーの和田さんは、海鮮居酒屋で働いたのち独立。アレンジが利いた海鮮丼のお得なランチのほか、夜は低価格で魚を中心とした料理や鮨が楽しめる店は、創業18年を迎える。

「渋谷や神泉で魚料理がおいしい店は少ないので、貴重な一軒。いわゆる鮨屋のちらし丼とは少し趣が違います。極厚に切った刺身がこんなにたくさん食べられるのはお得! ひとフックある、韓国風なピリ辛にアレンジした今っぽい味付けが、好みなんですよね」

「刺身の下には、たれが染みたごはんの楽しみもある。サラダや小鉢、お味噌汁も付いているので、飽きずに完食! 毎日通いたくなる丼が充実しています」

オリジナリティ溢れる海鮮丼は、必食だ。

テーブル席、カウンター席のほか、小上がり席もある。

神泉駅から近い、小路の階段途中にある隠れ家感がいい。隣にラブホがあるのもこの地ならでは。

東京カレンダー株式会社

最終更新:10/4(火) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016