ここから本文です

王 銘琬九段が語る 台湾の「囲碁の普及と発展」

NHKテキストビュー 10/4(火) 8:00配信

台湾出身の棋士の日本囲碁界での活躍は目覚ましいものがある。今期(第64回)のNHK杯にも、張栩NHK杯、謝依旻女流本因坊をはじめ、王銘琬九段、張豊猷八段、黄翊祖八段、林漢傑七段、余正麒七段、許家元四段が出場している。



第44回では王立誠九段が優勝していることも付記すべきだろう。台湾にはどのような囲碁の組織があり、どのような教育が行われているのだろうか。王銘琬九段に寄稿してもらった。



* * *


■子ども囲碁教室の流行


台湾は囲碁大国です。それは、子どもに限って言えばですが、台北市を散歩していれば、子ども囲碁教室の看板を見つけることができます。生徒は月謝を払って通ってきます。台湾では囲碁教室がビジネスとして立派に成り立っているのです。



小学生では、複数の囲碁教室に通っているケースは珍しくありません。正式な統計はないのですが、台湾全土で囲碁教室に通う学童は数万人になるでしょう。囲碁は習い事として社会的に完全に認知されています。習い事といえば「発表会」で、囲碁ですと「子ども囲碁大会」になります。ほぼ毎週、どこかで子ども大会が開催されます。全島が日帰り圏ということもあり、多くの参加があります。大人が何人もついてくるので満員の盛況になります。主催するスポンサーにも事欠きません。



日本から見れば羨ましいかぎりですが、残念なのは中学生になると、その数がガクッと減ることです。囲碁教室に行くのは、学習能力を身に付けるためと思っている親御さんが多く、中学生になれば、受験勉強にスイッチを切り替えます。習い事として認知されている分、ずっとやらないといけないとは思われていないのです。



日本や中国・韓国では、子どもに碁を教えるとき、多くはあわよくばプロに、という動機があるのに対して、台湾はそうではありません。ピアノを習わせるのに、あわよくばピアニストにという親が多くないように、台湾では碁を習い事と割り切っていて、プロをイメージすることが少ないのです。それでも親御さんは大会での成績も要求しますので、各囲碁教室が独自のノウハウを持って教えているようです。子ども教室は棋力うんぬんよりも、いかに注意をこっちに向けさせるかが勝負らしい。いつもマジックの道具を何種類も用意しているとか、囲碁の小話のレパートリーを数多く用意するなど、皆さん工夫をしています。子どもが囲碁に集中力を向けてきたらこっちのものだ、教室の先生はそう話してくれました。


■台湾の四大囲碁組織の役割


台湾の人口は約2300万人で、囲碁人口は20万ぐらいでしょうか。学童が占める割合はおそらく世界一でしょう。しかし、子どもにはお金をかけるが、囲碁の本を買ったり、プロに教えてもらうことは少ない。この辺は逆に台湾から見て日本が羨ましいところです。



日本の囲碁界はプロ組織が全体を引っ張っていく形ですが、台湾には四つの大きな囲碁組織があり、それぞれ違う役割で活動しています。



アマ活動を主に主催しているのが「中華民国囲棋協会」です。全国大会や、地方囲碁イベントの企画などのサポートをしています。子ども囲碁大会にはその多くに大人の部もあり、一般ファンも楽しめるようにしています。長い間、囲碁教室の定着に努力し、囲碁普及に貢献してきた組織です。



「応昌期囲碁教育基金会」は4年に一度の高額賞金の世界戦『応氏杯』では、資金面で全面的に担当し、2000年までプロ活動の後援もしていました。今は応氏杯のほか直営囲碁教室の経営が主な活動になっています。



プロ活動の後援と運営を行っているのは「台湾棋院」です。2000年からプロ制度を本格的にスタートさせ、2007年には周俊勲九段が世界戦『LG杯』で優勝するまでになりました。プロ囲碁を担ってきた功績は大きく、現在83人の棋士が在籍しています。



「海峰棋院」は1998年創設、学生棋戦、女流アマ棋戦、ペア戦など、囲碁界の手薄いところをバックアップしてきました。近年は台湾プロ棋戦の主催や、日本の若手プロとの交流戦を精力的に行い、貢献度が一層高くなっています。創設者の林文伯さんは若いとき台湾名人になった強豪です。東日本大震災時の日本への寄付が「タケフ基金」の一部として役立っていることで知られています。


■今後の課題


大人の囲碁ファンをいかに増やすかが今の課題です。かつて台湾には碁会所が多くありました。台北で十数か所、地方都市でも最低一つはあったものです。日本からのお客様が飛び込みで入って、大いに碁を楽しんでいった話をよく聞きました。ここのところ大人の対局はもっぱらネットに移り、日本から訪れる囲碁ファンに、自信を持って紹介できる碁会所がなくなってきたのが残念です。



台湾は、新聞社などマスメディアが囲碁に熱心ではありません。タイトル戦の賞金は日本の約10分の1と、プロもかなり大変です。



(おう・めいえん)



■『NHK囲碁講座』2016年9月号より

NHK出版

最終更新:10/4(火) 8:01

NHKテキストビュー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

NHKテキストビュー

NHK出版

NHKテレビ・ラジオ番組の
各種テキスト 好評発売中!

料理・健康から生活情報まで、暮らしに役立つ
確かな情報満載のNHKテキストから、
選りすぐりのトピックスをお届けする情報サイト

NHKテキストビューの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。