ここから本文です

イノッチ、高畑充希に「ととに会えてよかったね」 祖母が98歳を迎えたエピソードも披露

エンタメOVO 10/5(水) 16:17配信

「簡易生命保険誕生100周年記念イベント」が5日、東京都内で行われ、V6メンバーの井ノ原快彦と、女優の高畑充希が登場した。

 「簡易生命保険(かんぽ生命)」は10月1日で誕生100周年を迎え、井ノ原と高畑は、それぞれ青と赤のバラの花束を持って登場し、祝福した。

 「かんぽさん」として、同社のCMに長年出演し、100周年アンバサダーも務める井ノ原は、「100周年ってすごすぎてピンとこなかったんですけど、私の祖母が98歳になりまして、まだおばあちゃんが生まれてないんだなと思って。それはそれは長い年月ですね」と思いをはせた。

 「おばあさまがあと2年で100歳を迎えられるのもすごいです!」と振られると、「口が達者なんですよ。うちの祖母は…」と明かして、会場の笑いを誘った。

 CMキャラクターを務める高畑は、「100周年の節目の時に、キャラクターをやらせていただけて幸せに思います。私は今年25歳になるので、自分×4と考えると(かんぽ生命は)大先輩ですね」と話した。

 また井ノ原は、高畑が主演し最終回を迎えたばかりのNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の話題に触れ、「最後にととに会えて良かったよね。たとえ夢でも良かった。肩の荷が下りて、普通のお姉ちゃんに戻れたんじゃないかなと思いましたよ。しっとり胸に落ちてきました」と興奮冷めやらぬ様子で話すと、高畑も「ありがとうございます。すごく夢がかなったというか、最終回っていう感じの最終回になったなって」と“とと姉ちゃん”を演じ切った感想を語った。

最終更新:10/5(水) 16:17

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。