ここから本文です

ゲス川谷の熱愛報道で拍車「ベッキー応援」相次ぐ

R25 10/5(水) 7:00配信

タレントのベッキー(32歳)がモデルをつとめた出版社の宝島社の広告が、9月29日付の日本経済新聞朝刊に掲載された。くしくも、この日発売の『週刊文春』では、「ゲスの極み乙女。」ボーカルの川谷絵音(27歳)とモデルのほのかりん(19歳)との交際が明らかになった。ネットでは、この報道があったことも影響し、ベッキーへの応援に拍車がかかっている。

川谷との不倫発覚後、事実上の休業状態に近い状態となっており、めっきりメディア露出が少なくなっていたベッキー。久しぶりの登場となった宝島社の広告では、長かった髪をバッサリと切り、上半身裸の大胆な姿を披露。「あたらしい服を、さがそう。」というキャッチコピーとともに見開き一面を飾った。

一方で、川谷には再び“文春砲”が炸裂。『Rの法則』(NHK)などに出演する19歳のモデルほのかとの熱愛と半同棲がスクープされた。さらに、記事ではほのかには元々同棲していた恋人がいたが、川谷が略奪したのではないかとも報じられていた。これらを受けTwitterでは、

「ゲス、ホントにゲスだった。ベッキー応援したくなるわ」
「ゲス川谷のおかげでベッキー頑張れっていう気持ちになってきてる」
「ベッキー負けないで欲しい。急に応援したくなった。なんか、ゲスがゲス過ぎる」
「ベッキーにも問題はあっただろうけど川谷絵音がクズすぎて逆にベッキーを応援したくなったわ」

と、ベッキーを応援したくなったというユーザーが相次いでいる。一方で、

「世間がベッキー頑張れとなるくらい川谷絵音さんはクズであり続けたからいい。変にいい人にならなかったところが最低限とてもいい」
「ゲスの親恋人のニュースはあえてこのタイミングで自分が最低な悪役になることでベッキー復帰のバッシングを緩和させる目的なんじゃないかとか思ったり」(原文ママ)
「ゲスがあまりにゲスすぎて、これはベッキーを芸能界に復帰させるための作戦なのでは…などと言う疑念が生まれ始めたわたくしの頭の中」

と川谷のゲスな行為は“ベッキーのため”ではないかとの見方がでているようだ。さらに、

10月1日にはベッキーが、不倫騒動後初めてのレギュラー番組となったJFN系列FMラジオ新番組『ミッドナイト・ダイバーシティ~正気のSaturday Night』に出演したことも相まって、

「ベッキーのラジオをたまたま聴いてみた。もう、そろそろベッキー許してあげてー!仕方ないじゃないっと、ふと思いましたとさ」
「ベッキーは好感度高かったりしたけど実はあの声に魅力があるのではなかろうか。声優やればいーのにな」
「初めだけ聴いたが,ベッキーはラジオにも向いている。あの声と喋りはラジオで癒される」

とベッキーの新たな魅力の発見も含め、今後の活動を後押しする声も上がった。

不倫騒動後から約8カ月、離婚届を「卒論」と称したことや、テレビ番組での不倫釈明など、ベッキーに批判的な見方が根深く残っているユーザーももちろんいるだろう。しかしながら、今回の一件で、川谷の“ゲスさ”が起爆剤となり、ベッキー擁護の動きが一気に高まったことは確かなようだ。両者の動きにまだまだ目が離せそうにない。

(山中一生)


(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:10/5(水) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。