ここから本文です

人気缶詰ランキング! 2位はみかん、1位は…

オーヴォ 10/5(水) 17:16配信

 ひと昔前は、保存食的なイメージがあった缶詰だが、最近はおつまみからオシャレなグルメ缶まで、さまざまに楽しめるようになった。そしてひと昔前は体育の日だった10月10日はなんと缶詰の日。そこで、マルハニチロが実施した「缶詰に関する調査 2016」のランキングを見てみよう。

 缶詰食品を食べることがある 20~59 歳の1,000人に聞いた調査。まず、「缶詰を非常食として備蓄している」という人は4 割半。次に、缶詰食品を食べる頻度についてみると、「週に 1 日以上」20.9%、「月に 2~3 日程度」23.9%、「月に 1 日程度」20.7%。これを家飲みの頻度別にすると、週に 1 日以上家飲みをする人は、缶詰を「週に 1 日以上」食べる人が 29.3%と、家飲み頻度が低い人に比べて、缶詰食品の利用頻度が高かった。やはり、家飲みのおつまみとして、缶詰は便利なのだ。

 はやりのグルメ缶を利用したことがある人は、4 人に 1 人。「おいしいおつまみが欲しいとき」、「調理の手間を省きたいとき」 などで、グルメ缶に払える金額は、平均 560 円まで。 3 人に 1 人は「缶詰バーに行ってみたい」と答えている。

 さて、人気缶詰ランキングだが、日ごろ利用している缶詰食品トップは「ツナ」、2 位は「みかん」、3 位は「さば」。ちょい足しアレンジで抜群においしくなる缶詰の1 位も「ツナ」。2 位「コンビーフ」、3 位「スイートコーン」。おかずで味わいたいグルメ缶ランキング1 位は「牛肉のソース煮」、2 位「豚肉煮」、3 位「鶏肉のたれ焼き」 。“おしゃれなおつまみ”として楽しみたいグルメ缶は、1 位「鴨肉のソース煮」、2 位「牛肉のソース煮」、3 位「牛肉の酒煮」だ。

 “一度は食べたい”高級缶詰ランキングは、3位「高級フルーツ缶」、2 位の「和牛缶」をおさえて、1 位は「高級かに缶」 。クリスマスやお歳暮に最適だ。お待ちしてま~す!

最終更新:10/5(水) 17:17

オーヴォ

なぜ今? 首相主導の働き方改革