ここから本文です

1話に愛人が3人も 観月ありさ主演ドラマ『隠れ菊』が話題

NEWS ポストセブン 10/5(水) 7:00配信

 10月の新ドラマが続々とスタートしているが、9月から始まったインパクト大のNHKのドラマが話題を集めている。『隠れ菊』は料亭に嫁いだ女将(観月ありさ)が、いきなりの離婚通告、料亭の倒産に多額負債、そして、夫の愛人との複雑な関係など、波乱に満ちた人生を描く。昼ドラ顔負けのドロドロした愛憎劇&過激な台詞は見どころ満載。コラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 ラブコメもいい。ミステリーもいい。でも、やっぱり濃厚な愛憎劇は面白い。というわけで、毎回すごい展開になっているのが、NHKプレミアムドラマ『隠れ菊』である。

 主人公の通子(観月ありさ)は浜松の名料亭「花ずみ」の跡取り息子で板前の旬平(前川泰之)と結婚。17年間、家事と子育てに専念していた。ところが姑で女将のキク(松原智恵子)が死去した途端、旬平の六年越しの愛人という酒造メーカーの女社長多衣(緒川たまき)から離婚届を突きつけられる。だが、開き直った通子もなかなかの強者。出した条件は「私を女将にしてくれたら、離婚する」。

 しかし、借金まみれの「花ずみ」は倒産。通子は離婚。ふたりの子を抱えてどうするのかと思ったら、なんと多衣に借金して「花ずみ」の名で小さな料理屋を開店し、女将となって、板長に元夫を雇うのだ。
 
 わざとややこしくしてんのかと思うような三角関係だが、事態はもっと複雑に。「花ずみ」の従業員・千秋(渡辺典子)が店に入った予約を勝手にキャンセルしていたことが発覚。千秋はライバル料亭の板長前田(木下ほうか)の愛人だったのだ。さらに「花ずみ」に多衣が現れ、カウンター越しにバチバチと通子にジェラシー光線を照射している最中、店にワケアリそうな熟女鶴代(烏丸せつこ)が現れる。「花ずみ」の先代の愛人だったという鶴代は、かつての店に比べると「洒落たウサギ小屋」などと嫌味を言った挙句、キクにひどい目にあわされた仕返しにと、通子がキクから受け継いだ着物にしょうゆをぶっかけた! ひえーっ。

1/2ページ

最終更新:10/5(水) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。