ここから本文です

篠原ともえ「大人もシノラーもカメラーも楽しめます」

Smartザテレビジョン 10/5(水) 7:00配信

10月7日(金)夜10時よりBS11でスタートする新番組「楽しさいっぱい写真旅」。篠原ともえが、写真家の上田晃司氏からカメラの楽しさを教わりながら旅に出るバラエティー番組だ。初回ロケの合間を縫って篠原を直撃! 番組の見どころの他、自身のカメラにまつわる思い出などを語ってもらった。

【写真を見る】篠原ともえ自身がデザインした衣装でロケに参加

――最初に番組のオファーを聞いた時、どんな心境でしたか?

私の得意分野だと思ってうれしくて! 私はいつも“感覚”で写真を撮っていて、知ることや学ぶことが大好きなので、番組を通していっぱいデザインのアイデアをキャッチできることがすごくうれしくて。とってもワクワクしてました。

――普段からそういうアンテナみたいなものは張り巡らせていらっしゃるのでしょうか?

普段何気なく見ている日常も、レンズ越しに見るとすごく劇的に変わるというのは分かっていたんですけど、あんまりゆっくり景色を切り取ることってこれまでなかったんです。

でも番組で、水の滴をレンズ越しにアップで撮ったら、本当に水が生きているみたいに撮れて! シャッターで捉えたときにテンション上がってしまって(笑)。写真旅を皆さんに知っていただき学んでいただくつもりだったんですけど、私が一番テンション上がって楽しんじゃいました(笑)。

――これまで篠原さんの生活の中で、カメラとの接点って何かあったのでしょうか?

実はカメラ歴20年近くあって。“シノラー時代”もカメラを愛用していたんですね。でもカメラに色を塗ったりデコったりして遊んでいて(笑)、そのころから自己流にカメラを楽しむということは好きでした。

でもズームだったり連写だったり、本格的なことは今回番組で学ばせていただくので、成長できる自分にすごく期待してます。

――きょうのロケは鎌倉周辺でしたが、普段鎌倉って来られることありますか?

お寺巡りしたりですとか、海沿いなので星を見に来たりとかプライベートでも来たことはありますね。江ノ電にも乗ります。普段は乗るだけですけど、きょうは撮る側になってみたら倍楽しめましたね。

――せっかくのロケですけどあいにくのお天気で…。

そうなんですよ…けさ起きたら大雨でビックリしたんですけど(笑)。でもいろんなお天気でもいろんな楽しみ方…旅ってそういうライブ感もありますので。

その日その日の出会いを楽しむ物語だと思うので、雨であることによって、葉っぱに落ちる滴の美しさに気付いたり、それは新たな発見でしたね。見て撮った瞬間に「これをドレスにしたい、デザインにしたい」って思うような瞬間がたくさんありました。

――きょうのお洋服ももしかして篠原さんのデザインですか?

そうです! この番組では写真を撮るプラス自分自身が旅を楽しむっていうことをしたいので、おしゃれして行こうというのは決めているんですね。大きなポイントですね!

だからきょうも篠原デザインのテキスタイルで作ったワンピースと、あとおそろいのバッグ。ファッションの方にもご注目!

――大人っぽい篠原さんが見られるわけですね?

今回“大人のカメラを学ぶ”という大人な一面ももちろんお見せしたいんですけど、でもやっぱりいい写真が撮れると足とか“クルクルポーズ”をしてしまったり(笑)。やっぱりすごくテンションが上がってしまうので、大人もシノラーもカメラーも楽しめます(笑)。

――この番組での最終的な目標みたいなものってあるのでしょうか?

この番組を機に私のInstagramの写真のグレードが急にアップすると思うんですよ。それと写真に撮ったモチーフをデザインに生かしていきたいなと思いますね。私のアート作品を集めているような感覚です。

――CDジャケットにしようということもあるのでしょうか?

うーん、CDジャケットには私が写りたいから(笑)。自撮りになっちゃいますかしら(笑)。先生は撮り方をレクチャーしてくださいますけど、私は撮られ方をレクチャーしたり、私からもアドバイスできることがあれば番組に反映していきたいですね。

――ちなみに、時期的に夏も終わりですが、篠原さんはことし夏休みはありましたか?

夏休み…仕事でだったんですけど石垣島に行きました! 石垣島で満天の星空を写真に撮ったことが特別な時間でしたね。小惑星「Shinohara」があるんですよ、肉眼では見えないんですけどね(笑)。

あと夏の思い出で、自分のデザイン力を試そうと思って「第20回きものデザインコンクール」の一般部門に応募したんですよ。そしたらこの夏に返事が返ってきて「京都府知事賞」をいただいたんですよ! 5300人の中から!

それがこの夏一番のテンション上がった出来事ですね。秋に授賞式があるので、その時もとびきりいい写真を自分で撮ってきたいと思います(笑)。

――では最後に番組の見どころをアピールいただけますか?

知って学べてすぐ使える写真のテクニックを皆さんにレクチャーします。カメラだけではなく旅の良さ、秋ですし旅にも出たくなる季節だと思いますので、旅の楽しさを、篠原流の観点で皆さんにお届けできたらと思うので、カメラ活動の篠原もぜひチェックしてください。

最終更新:10/5(水) 7:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。