ここから本文です

ビンボー武士は「身分」を売り内職をしていた! タメになる江戸の実話。

BEST TIMES 10/5(水) 12:00配信

■収入は米の現物支給! 借金に苦しんだ家計事情

下級武士は知行地(ちぎょうち)を持つことの多い旗本とは違い、領地を持っていなかった。そのため、米が現物支給された。幕府の場合、米1俵は3斗5升入りである。100俵なら35石。この俸禄米(ほうろくまい)が年3回に分け支給された。2月、5月に4分の1ずつ、10月に2分の1が支給された。また、扶養手当にあたる扶持米は一人扶持が1石8斗であり、月末に支給された。

百石という形で家禄が設定される場合もあるが、百石の収穫がある土地を与えた形を名目上取ったに過ぎず、実際は米で支給された。それも100石ではなく、年貢率を35%と認定し35石を支給した。百石取と百俵取は実質同じだった。

隅田川沿いの浅草御蔵(おくら)などに収納された幕領の年貢米が、下級武士たちへの俸禄米にあてられた。札差(ふださし)と呼ばれる商人がその受け取りや換金業務を代行し、現金を受け取ったが、ほとんど例外なく札差に多額の借財があったため、その分が差し引かれている。よって、俸禄米だけでは生活できなかったのが実情だった。当人や家族が傘張りなどの内職にいそしむのも、下級武士の家庭ではごく普通の光景になっており、御家人株を売って武士身分を捨てる者さえみられたのである。

 

文・安藤優一郎(歴史家)

文/安藤 優一郎

最終更新:10/21(金) 15:27

BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

BEST TIMES

KKベストセラーズ

笑える泣ける納得する!KKベストセラーズ
の編集者がつくる「BEST TIMES」
(ベストタイムズ)。ちょっとでも皆さんの感
情を揺さぶれたらいいな、と思います。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。