ここから本文です

人の輪の中心に本がある 新しい図書館への模索と未来 『「本の寺子屋」が地方を創る』 (「信州しおじり 本の寺子屋」研究会 著)

本の話WEB 10/5(水) 12:00配信

忙しくても1分で名著に出会える『1分書評』をお届けします。
今日は俵万智さん。

 長野県塩尻市は、人口6万7千人の小都市だ。その市立図書館の試みが、全国から注目を集めている。年間600人から800人もの図書館関係者が、視察のために日本各地から訪れるという。試みの中心にあるのが「信州しおじり 本の寺子屋」だ。本書は、その軌跡を丁寧に検証しつつ、図書館のありかた、ひいては本というものの可能性について考える、熱い一冊である。

 元館長の内野安彦氏と編集者の長田洋一氏の出会いから、それは始まった。内野氏は「旧市街地の活性化のために、図書館を核とした複合施設をつくるプロジェクト」のため、茨城県からヘッドハンティングされてきたという変わり種。図書館長の経験もある本好き、図書館好きの人物だ。いっぽう長田氏は、文芸誌の編集長を務め、多くの作家と共に本を作ってきた。出版社退職後、長野へ拠点を移したベテラン編集者。二人の出会いから、図書館を、書き手と読み手の交流の場、図書館員や地域の人々の学びの場、地域のにぎわいの中で知的刺激を受けられる場に……という、現在の本の寺子屋の原型が構想されることになった。

 もちろん、その構想を実現するには、さまざまな人の理解と尽力が必要だ。ドキュメンタリータッチで描かれた寺子屋の「これまで」は、単なる記録にとどまらず、新しい図書館の「これから」をも示唆している。目玉となる年間を通した講座や企画については「いわば人集めのイベント会場に変容するのではなく、その人の輪の中心には飽くまで本があってほしい」という志しだ。

 ノンフィクション作家の大下英治さんの辛口の講演を紹介しているのも、未来を見据える視点からだろう。リスクを恐れる出版社、長いものを読む力を失った読者、人間の本質が見えにくい時代…。本の寺子屋にさえ懐疑的な作家の言葉から、しかしその場にいた人たちが多くのメッセージを受け取ったことが伝わってくる。

 読み終えたとき、最近知り合った、熊本のシェフの言葉を思い出した。彼は「食べる人と生産者をつなぎ、育てるのがレストランの役目」と言っていた。彼の店は、単に材料を仕入れて、それを料理して客に出す場所ではない。地域の農家を励まし、作り手の見える料理を提供する。たとえば10年以上前から阿蘇のあか牛を応援し「なんで霜降りの黒毛和牛じゃないんだ」などと文句を言われながらも、その素晴らしい赤身の肉を出し続けた。今では、あか牛を味わうために、わざわざ足を運ぶ人が少なくない。

 図書館も、単に本を仕入れて読んでもらうだけでなく、能動的に書き手や読み手に働きかけることで、有機的な場を生み出すことができる。つなぎ、育てる図書館である。本の寺子屋は、その素敵な(そして先進的な)一例だろう。

俵 万智(たわら・まち)

1962年、大阪府門真市生まれ。早稲田大学文学部卒。1986年、『八月の朝』で角川短歌賞受賞。1988年、『サラダ記念日』で現代歌人協会賞受賞。2004年、評論『愛する源氏物語』で紫式部文学賞を受賞。2006年、『プーさんの鼻』で若山牧水賞受賞。その他の歌集に『オレがマリオ』、エッセイ集に『旅の人、島の人』など。

文:俵 万智

最終更新:10/5(水) 12:00

本の話WEB

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。