ここから本文です

埼玉県春日部市の国道沿い、閉店後24年放置された元ラーメン店に白骨遺体の謎

週刊女性PRIME 10/5(水) 16:00配信

 全国にある空き家は820万戸とされ、年々増加傾向にある。空き家問題はいまや深刻な社会問題のひとつだ。そんな無人の廃屋のひとつから、死後数年が経過した白骨遺体が発見された。以前はラーメン店だったその建物は、現在では草木が生い茂り、夜になると異様な雰囲気だった。亡くなったのはどのような人だったのか。真相に迫った──

閉店して丸24年、店舗の中に遺体があるという噂が…

 埼玉県春日部市。片側2車線の国道沿いに、かつて繁盛したラーメン店がある。その周囲は今、草木が生い茂り、一見しただけではそこに建物があると気づかない。

 その廃店舗から白骨遺体が発見されたのは、9月17日午後3時過ぎのことだった。

 周辺に伝わっていた「あそこに死体があるらしい」という噂話。発見者の男性(64)は、その真偽を確かめようと、知人男性と連れ立って現場へ足を踏み入れたという。

「店舗に遺体があるという噂を聞き、興味本位で訪れて発見したようです。店舗2階の座敷に横たわっており、食べ物の袋やペットボトルなど居住していた様子がありました。年齢・死因などは現在捜査中ですが、男性の可能性が高い。事件、事故両面から捜査をしていますが、事件性は低いと見ています」

 捜査関係者はそう説明する。

 以前、その店で働いていたという男性に話を聞いた。

「オープンは、正確には忘れちゃったけど、1971年か'72年ごろですよ。1階はラーメン店でした。途中で建て替えて、2階で焼き肉店をやるようになりました。にぎわっていましたけど、最後はファミリーレストランに押されぎみになって……'92年10月に閉店しました」

 閉店して丸24年。建物は不動産価値を失っているが、約170坪の土地は5250万円で売りに出されていたという。地元の不動産業者は、

「高いよね。1坪30万円なんて、誰も買わないよ。ここらの相場は、1坪15万円かな」

 買い手はつかず、ずっと空き店舗のままだった。

 近隣住民が「何で放置しておくんだ。さっさと更地にしたらいいのに。気味が悪い」と声を荒らげ、近所の主婦が「人が出入りして飲み食いしているみたいよって話を聞いたわ。気持ち悪いし怖いからなるべく近づかないようにしているの」と警戒する物件。

1/2ページ

最終更新:10/5(水) 16:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)