ここから本文です

AAAインタビュー「10年間で変わったこと」「全員一致!〇〇なメンバー」

週刊女性PRIME 10/5(水) 5:00配信

 10月5日に52枚目のシングル『涙のない世界』をリリースする男女7人組パフォーマンスグループAAA。昨年デビュー10周年を迎え、今年は過去最高の21万人を動員したアリーナツアーを成功させた。グループ単独では初となる東京ドーム&京セラドーム(大阪)公演を11月に控えているメンバーに、あらためて7人の関係性や今の気持ちを聞いてきました。

西島「僕たちは関係性をしっかり築いてから組んだわけではなくて、各自がオーディションを受けて集まったグループだったんです。ぶつかることもたくさんあったけど、あらためて10年間を振り返ると、時間が必要な7人だったなって思います」

宇野「私たちが前に進み続けること、みなさんに求めてもらえるような存在であり続けること、どちらが欠けてもダメだったはず。奇跡に近い10年だったなと感じますね」

──デビュー当時は10代のメンバーがほとんどでしたが、一番変わったと思うのは? 

日高「末吉くんの髪色と髪型!」

末吉「もともと美容師だったので。(本誌が「そうなんですか!?」と驚くと)……嘘です、すみません(笑)」

浦田「見た目で言えば、(與)真司郎も。一番若かったし、すごい子どもだった。身長も小さかったんですよ」

與「宇野ちゃんより小さかったです。16歳でデビューして何もわからないまま大人になってしまいました(笑)。自分では、英語をしゃべれるようになったこと」

西島「真司郎、昔は海外に行くことも嫌いだったよね」

與「アメリカ人の友達ができてから変わったんです。今は向こうに住めるくらいの英語は話せます」

浦田「……日本語も危なかったのにね(笑)」

宇野「日高くんは昔、カラフルでカジュアルな服装が多かったけど、最近はモノトーンで大人っぽくなりました」

──では、男性陣から見て、女性メンバーの変化は? 

末吉「宇野ちゃんは、女性っぽく……って言ったらちょっと違うからやめとこ」

宇野「おいおいっ! やめないで! (笑)」

末吉「ちょっと押したら骨が折れちゃいそうなくらい細かったけど、今はほどよく、女性らしいスタイルになった。ご飯食べてる? って心配になるレベルだったのでよかったです(笑)」

日高「(伊藤)千晃は、ここ数年で髪色や服がシンプルになりましたね。女性が大人になるって、こういうことなんだなと思います」

──普段から連絡はとりますか? 

浦田「AAAのグループLINEがあります」

西島「やりとりはほとんど仕事の内容ですけど、返信が早いのはダントツで真司郎とリーダー(浦田)です!」

1/2ページ

最終更新:10/5(水) 5:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。