ここから本文です

号泣議員から2年で「議会改革度No1」、丸尾牧兵庫県議から富山市民へのエール

政治山 10/5(水) 11:51配信

富山市議会政務活動費問題 兵庫県議会の不正と類似の手口

 政務活動費の不正問題による、富山市議会議員の“辞職ドミノ”が止まりません。この異常事態に富山市民はどのように向き合うべきなのでしょうか。かつて“号泣議員”によって有権者の信用を大きく損なった兵庫県議会で、議会改革に取り組む丸尾牧県議会議員にご寄稿いただきました。

富山市議会政務活動費問題 兵庫県議会の不正と類似の手口

 富山市議会(定数40人)において、政活費の不正使用が発覚し、自民党、民進党系会派の議員11人が辞職しました。その動きは、富山県議会にも飛び火し、県議3人が辞職(9月30日現在)。

 新聞報道では、「茶菓子代500円×400人分」の支出、「領収書の偽造」などの文字が踊り、2年前の兵庫県議会の映像が蘇って来ます。政活費問題に揺れた兵庫県議会においても、同様の不正がありました。

旧来型の富山市議会の議会制度

 政活費の交付月額は、会派の所属議員数×15万円とは別に、会派人数が3人から9人までは15万円、10人から19人まで30万円、20人以上45万円が加算されます。加算される最高額を貰っていたのは、自民党会派だけ。政活費収支報告書と領収書は公開対象となっていますが、市議会に情報公開請求しなければ見ることはできません。1件ごとの支出を記録している会計帳簿は非公開です。

 参考までに、富山市議会では、議員報酬(月額60万円 条例上来年4月から70万円)とは別に、議員が議会の本会議などに出席した時に、1日4千円の費用弁償(交通費)を支給。議員が視察した時に支給される宿泊費は、副市長と同じ基準で、都市部1泊14800円、その他の地域13300円に設定。さらに視察時には、日当が1日3000円(片道250km以上の場合4500円)支給されます。

 今年6月に、自民党、民進党系、公明党が、来年4月からの議員報酬の10万円アップを決めましたが、他の議員の手当等を見ても、お手盛りのものが少なからずあり、議員同士が馴れ合い、相互チェックが働かない議会になっていることがわかります。

1/4ページ

最終更新:10/5(水) 11:51

政治山

記事提供社からのご案内(外部サイト)

政治山

株式会社パイプドビッツ

政治山は政治・選挙情報のポータルサイト
です。選挙において投票の判断材料となる
記事、候補者紹介・比較、動画、調査分析
などをお届けします。

なぜ今? 首相主導の働き方改革