ここから本文です

「射殺されたゴリラを悼むイヴェント」のクラウドファンディングが成功

WIRED.jp 10/5(水) 7:10配信

最近では、ほぼどんなものでもクラウドファンディングができるようだ。あるマーケターが、「Harambe Live」というイヴェントのKickstarterキャンペーンを立ち上げた。
ハランベ(Harambe)とは、オハイオ州シンシナティ動物園にいたオスのゴリラ(シルヴァーバック)で、2016年5月、3歳の子どもがハランベの柵の中に落ちた際に撃ち殺された。これを受けてインターネット上で追悼が広がり、ハランベはインターネットミームになった。

【ゴリラ「ハランベ」のために制作された動画はこちら】

「Change.org」では「ハランベのための正義」という署名が始まり、「#JusticeForHarambe」と「#RIPHarambe」という2つのハッシュタグがトレンド入りした。プリンス、デヴィッド・ボウイなど、2016年に死去した人々と一緒の写真が、すぐにフォトショップでつくられた。

また、小説家のJ・K・ローリングも、ハランベはハリー・ポッター・シリーズに登場するパトローナス(守護霊)ではないと念を押すことになった。ローリング氏はツイートで、ハランベが、人間をディメンターから守ってくれる霊のひとつだという主張を否定している。

シンシナティ動物園は先日、スタッフや訪問者を混乱するので、ハランベに関するミームや冗談をやめるよう人々に呼びかけた。だがこれは、ミームにさらに燃料を注ぐことになった。

ヴィンセント・ディグナンは今回、非常に人気のあるハランベのインターネットミームに乗じ、「ハランベの熱狂的ファン」のためのイヴェントを開催したいというKickstarterキャンペーンを開始した。

このキャンペーンはすでに、目標額999ポンド(約13万円)のところ1125ポンド(約15万円)を集めている。

ディグナンのKickstarterページの投稿は、2016年に起きた数々の死の衝撃を踏まえ、「2016年はきつい年だ。われわれは実にたくさんの偉大な者たちを失った」という書き出しで始まっている。

「なかでもハランベはもっとも甚大な損失のひとつであり、多くの者にとっていちばんの苦しみだ。あのローランドゴリラの生涯を称えるこのスペシャルイヴェントに参加しよう」と文章は続く。

「このイヴェントの資金が集まったら、ハランベのファンたちによる世界最大の集まりにして、ロンドンでは過去最大級の、インターネットミームが現実世界のイヴェントになったケースになるだろう。現在、われわれはそれぞれ、携帯電話やノートパソコン上で孤立してミームを体験しているだけだ。ミームをこの現実世界に持ち込むのが、わたしのミッションであり、目標だ」

キャンペーンの残りの部分は半分以上がふざけて書かれており、もし4月だったら、エイプリルフールのものと考えるところかもしれない。しかしとにかく、このキャンペーンは締切まであと18日ある現時点で、41人の支援者を集めている。

VICTORIA WOOLLASTON

最終更新:10/5(水) 7:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。