ここから本文です

低気圧がむくみの原因に!?7割の女性が気圧の変化でむくみを実感

@DIME 10/5(水) 7:10配信

10月に入り、気象の変化に本格的な秋の気配を感じる季節になった。この時期悪天候の前に体がだるく感じたり、体がむくみやすいと実感した経験がある人も多いのではないだろうか。気分だけでなく、なんだかぼんやりして見えるボディライン……。実はその変化、低気圧の影響を受けているからかもかもしれない。

今回、ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド「decencia[ディセンシア]」を展開するdecenciaは、30代から40代の女性277名に対し、低気圧のとき(悪天候のとき)の体の変化に関する意識調査を行なった。その結果、低気圧の時にむくみを実感したことがある女性が69%いることが判明した。むくみを実感したことのある女性に特に気になる箇所を聞いたところ、最も回答が多かった1位は「脚」、2位は「顔」、3位は「手」という結果になった。また、むくみを感じやすい女性に基礎代謝に関する意識調査を行なったところ77%の女性が自分は基礎代謝が悪い方であると自覚がある事がわかった。むくみの発生には基礎代謝が大きく関係する。代謝が悪いと体内の水分の巡りが悪くなり、不要な水分が排出されずにむくみへとつながりやすい。

また、8月から9月にかけては一年で最も台風が発生しやすい季節。低気圧の中でも目立って気圧が低下する台風の訪れに体も変化を感じやすい為、血液の循環悪化や体内の水分過剰、自律神経の乱れ等が引き起こされ、むくみを感じやすい季節であると言える。そのため、この季節は特に、代謝を意識し、むくみにくい体質を作っていくことが非常に効果的。むくんでしまう前に、自分の体の代謝をコントロールすることで、普段からむくみを感じていた人は、特にむくみ知らずのボディに近づくかもしれない。今日からできる代謝コントロールで気圧変化に負けないすっきりボディを手に入れよう。

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:10/5(水) 7:10

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

Yahoo!ニュースからのお知らせ