ここから本文です

ミランでベンチ要員、代表は危機的状況も本田節が炸裂! 「ワクワクしてますけどね、ある意味」

Football ZONE web 10/5(水) 7:10配信

イラク戦で先発となれば、試合の頭から出場するのは9月6日の最終予選タイ戦以来

 ACミランFW本田圭佑が6日、ワールドカップ(W杯)アジア最終予選イラク戦(埼玉スタジアム)を迎えるハリルジャパンに合流した。今季ミランでは公式戦出場時間19分間と完全なベンチ要員となっている本田は、負ければバヒド・ハリルホジッチ監督更迭の可能性が高まる危機的状況について「ネガティブなことを言えば、そこまで考えなければいけない」と語っている。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 この日イタリアから帰国した本田は埼玉県内での合宿に合流。インテルDF長友佑都とともにランニング中心の別メニュー調整となった。

 練習後にミランでの出場機会減少について質問された本田は「まあ……自分の中では、むしろ久しぶりに試合するということで楽しみなので、ポジティブな意味で、イラク戦とオーストラリア戦でサッカーを楽しみながら結果を出したいとワクワクしていますけどね、ある意味。こういう感じも久しぶりというか、試合に出る感覚という。試合勘についていろいろと言われているようなことが、当然、ないわけがない。それをいかに結果に結びつけるかが求められると思うので、心配の声を消せるくらい結果を出したい」と語った。

 イラク戦で先発となれば、公式戦で頭から出場するのは9月6日の最終予選タイ戦以来。代表戦以外に活躍の場がない本田は、久しぶりの晴れ舞台を楽しみにしていた。

監督交代を「ジャッジするのは我々ではない」

 だが、思っているよりもチーム状況は深刻だ。9月1日のアジア最終予選初戦の本拠地UAE戦で1-2とよもやの敗北を喫しており、イラク戦と11日の敵地オーストラリア戦で日本が敗れれば、監督交代の可能性は一気に高まる。

「ネガティブなことを言えば、そういうことまで考えなくてはいけないけれども、ジャッジするのは我々ではないですから。なおかつ、我々としては勝ち点を取りに行くわけですから、むしろそんなことは考えたことがなかったという感覚ですね」

 本田はそう語った。ハリル監督はクラブで出場できない選手を招集しないというスタンスを強調していたが、本田や香川真司、清武弘嗣らベンチを温める海外組は優遇している。

 「本田、岡崎、真司(香川)、清武、先発じゃないのか、さよならとはいかない。7年、8年と日本に尽くしてきた選手を外せばメンタルが壊れる。信頼を与えるから、ピッチで見せてくれと。それが私のやり方だ」と、記者会見でダブルスタンダードを告白していた。過保護さを自ら暴露した指揮官の温情に、報いることができるのだろうか。

クラブで出場機会減も「そんな心配してない」

 本田を筆頭に、出場機会を失っている海外組の窮状について質問された本田は、「いや、まあ…。そんな心配をしていないんで。まあ、その心配をしていないということをピッチでしっかり出したい。ゴールに絡むプレーは必ず求められるので、そこだけしっかりイメージしたいです」とまるで気にするそぶりもなく、試合への意気込みを口にしている。

 9月6日のタイ戦では清武からの決定的なパスを空振りという大失態を犯し、ハリル監督がタオルを怒りの形相で地面にタオルを叩き付ける場面もあった。1カ月ぶりの先発となる本田はイラク戦で勝負を決める一撃を決めることができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/5(水) 7:10

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ