ここから本文です

「世界最大の空気洗浄機」──中国・北京に到着

WIRED.jp 10/5(水) 8:00配信

「世界最大の空気清浄機」が9月29日に北京で稼働を始めた。オランダに本拠を置くスタジオ・ローズガールデが中国環境保護部の支援を受けて設計したこのタワーは、北京のビル「751 D-Park」に設置されたものだ。

【PM2.5も捉える「世界最大の空気清浄機」動画はこちら】

オランダのアーティストにしてイノヴェイターのダーン・ローズガールデ(関連記事)が率いる、デザイナーと専門家からなるチームは、「スモッグフリー・プロジェクト」の開発をスタジオ・ローズガールデで2013年から続けてきた。ロッテルダムでの試験運用で成功を収めたあと、「世界ツアー」を開始したというわけだ。

高さ7mのスモッグフリー・タワーは、世界最大の空気洗浄機だ。きれいな空気の塊をつくり出して、「きれいな空気を無料で」市民に提供する。スモッグフリー・タワーは、特許取得済みのオゾンを生成しないイオン化技術と、少量のグリーン電力を使って、1時間に3万立方メートルの空気をつくり出す。

スモッグフリー・タワーは、スモッグとともに、空気中を浮遊するPM2.5およびPM10の粒子の75パーセント以上を捕捉して回収し、タワーの周囲360度にきれいな空気を放出するため、タワーを取り巻くほぼ円状の範囲で空気がきれいになるという。

スモッグフリー・プロジェクトは、「スモッグフリー・タワー」と「スモッグフリー・ジュエリー」で構成されている。

ジュエリーには、リングとカフリンクスがあり、タワーから回収したスモッグの粒子を圧縮してつくったものだ。スモッグフリー・リングを購入することにより、1000立方メートルのきれいな空気を寄付したことになる。

スモッグフリー・プロジェクトは、ローズガールデの複数回の中国旅行、なかでも2013年に北京を訪れたときに、深刻なスモッグによってホテルの部屋の窓から外を見ることができず、子どもたちが外に出られなかったのを見た経験から生まれた。都市部に住む80パーセント以上の人々が、世界保健機関(WHO)が定めた大気の質の限度を超える汚染物質にさらされている。

なお、ローズガールデは今年、英国の「Airbnbデザイン・イノヴェイション・メダル」を受賞している(関連記事)。

VICTORIA WOOLLASTON

最終更新:10/5(水) 8:00

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

なぜ今? 首相主導の働き方改革