ここから本文です

レクサスがスモールSUVを披露──未来感溢れる「UX コンセプト」のデザイン

GQ JAPAN 10/5(水) 18:31配信

レクサスは現在開催中のパリサロンにて、クロスオーバーSUVを示唆したデザインスタディ「UX コンセプト」を世界初公開した。

【レクサス UX コンセプトの動画とフォトギャラリーはこちら】

「高いデザイン性とコンパクトなボディと快適性を両立させ、先進的な都市生活者の期待に応えることを目指したモデル」とレクサスが説明するUX コンセプト。今回公表されたボディサイズは全長4400mm × 全幅1900mm × 全高1520mmで、いわゆるCセグメントに属するコンパクトなもの。つまり、既に発売されて大きな成功を収めている「NX」よりも一回り小さいことになる。

近年、デザインコンシャスであることを前面に押し出しているレクサスらしく、デザインは純粋なコンセプトカーであることを勘案しても相当にアグレッシブだ。上から俯瞰で見るとエクステリアとインテリアがキャビンを中心にしたX線状で繋げた「インサイド・アウトコンセプト」を採用。またホイールアーチやルーフバー、電子ミラーを同素材感で仕立てるなど、キャビン内部との一体感や連続性を演出している。

タイヤについても、トレッド面/サイドウォールは、クロスオーバーに相応しいデザイン性を強調したものに。ホイールは、タイヤのサイドウォールとスポークの一体感を演出したユニークな構造とされている。

これらの意欲的なデザイン処理が施された結果、クロスオーバーとしての力強いエクステリアに、低めの車高とクーペのようなドライビングポジションが、コンパクトなボディでありながらダイナミックな走りを予感させるパッケージとなっている。

特徴的なAピラーは、アルミ部材にフィン形状のポリカーボネイト材が接合されたシースルー構造とされ、エクステリア/インテリアの境界を感じさせない「広がり感」を演出している。そしてインテリアは、シャープで未来感溢れるイメージのフロントと、ソフトで落ち着きのあるリアのデザインにより、前後席それぞれが異なる趣とされた。

前席は人間工学に基づいたドライバー主体のデザイン構造で、ホログラムなどを使ったヒューマンマシンインターフェイス技術を採用。3次元による先進的なドライビング体験を提供するという。一方後席は、寛ぎの快適空間を演出。さらにキャビン中心を縦に貫くコンソールや室内配色で、前後席空間の違いを際立たせたとのこと。

CセグメントのクロスオーバーSUVというカテゴリーは、まだ誕生して日が浅いにもかかわらず、国産車のほかにヨーロッパやアメリカ車までが群雄割拠のごとくしのぎを削る激戦区。しかも身内であるトヨタも「C-HR」を同じ時期にデビューさせている。

少なくとも現時点においては、生産化に関するアナウンスはまったくない。だが、これまでの歴代レクサス SUVよりも遥かに攻めたスタイルや観音開きのドア、あるいは未来的なインテリアなど、かなりコンセプトスタディ色が強いのも事実。もし生産化されるとしても、一定のプロセスを要することになるだろう。それでも、公道にその姿を現す日が待ち遠しい1台であることは間違いない。

文・武田公実

最終更新:10/5(水) 18:31

GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月24日発売

600円(税込)

2016年の男達「MEN OF THE YEAR 2016」発表!/世界のリーダー総決算!今年のビジネスを読み解く、ランキング30/森星の1日、イットガールを追いかけて

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。