ここから本文です

バーバリーが「See Now, Buy Now」を現実に──ショー終了直後にコレクションを販売

GQ JAPAN 2016/10/5(水) 19:01配信

ファッション業界でのデジタルマーケティングの先駆者であるバーバリー。2016年セプテンバー・コレクションの発表とともに、新たな試みを行った。

【バーバリー 2016年セプテンバー・コレクション すべてのルックを見る】

9月19日、ロンドンで2016年セプテンバー・コレクションを発表したバーバリー。メンズとウィメンズの同時発表や、ランウェイショーが終了した直後からコレクションのアイテムを店舗とオンラインで販売する「See Now, Buy Now」(見たらすぐに買える)という初の試みを行った。

最新コレクションは、長い年月にわたりさまざまな人の生活様式や文化、服装を見つめ続けた「家」をテーマにさまざまな要素を組み合わせて展開された。

女性作家ヴァージニア・ウルフの作品『オーランドー』では、主人公のオーランドーが男性としても女性としても生きる様子が描かれている。その“ジェンダーレス”という観点から、メンズとウィメンズの同時発表という試みに至ったのだ。300年以上の時を生きたオーランドーの数奇な人生は、時代を超えてさまざまな生活様式や服装を体験したという点で、前述の「家」というコンセプトと深い繋がりを持っている。

インテリア&ガーデニング・デザイナーのナンシー・ランカスターからもインスピレーションを得た。彼女が提案するインテリア・デザインや色合いを洋服に表現するとともに、ヴィンテージの壁紙にあしらった柄をオリジナルプリントとして展開し、多くのアイテムに落とし込んだ。

さらにクラフツマンシップを永く伝わる良きものと捉え、複雑な作り込みのアイテムとして表現。このキーワードに関連して、ランウェイショーの会場となった「Maker's House」で、英国の文化、工芸、職人技術に貢献するクリエイターの集合である展覧会の「ザ・ニュークラフツメン」も開催された。

「See Now, Buy Now」と総称されるデジタルマーケティング時代の変化において、新たな潮流の先頭に立ちながらも、ブランドの礎である英国デザインの伝統やクリエイターへの尊敬も決して忘れない。バーバリーのクリエイションにおける柔軟さと堅実さが、この2016年セプテンバー・コレクションから見て取ることができる。

バーバリー・ジャパン
Tel.0066-33-812819

文:青山鼓

最終更新:2016/10/5(水) 19:01

GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2017年2月号
2016年12月23日発売

600円(税込)

【特別付録】エミリオ・プッチ スターバックスカード/『ピープル』誌が選ぶ世界一セクシーな男、ライアン・レイノルズ/豊田章男、ドクター・ポルシェと語る