ここから本文です

ドナルド・トランプの食生活に?

MEN’S+ 10/5(水) 19:37配信

あなたのダイエット方法はトランプのより健康的かも!

 故郷に帰ったときに、必ず食べるものってありますよね。夕食を準備するのが面倒とお母さんが言い出した晩ともなれば、車を借りて黄色いドライブスルー・ネオンの下を通り、マクドナルドのハンバーガー、安いメキシコ料理、KFCのフライドチキンの塊を手に取ることもあるでしょう。 
 
 そして、米国の次期大統領になるためのキャンペーン展開中にドナルド・トランプが口にしているものは、マクドナルドのハンバーガー、安いメキシコ料理、KFCのフライドチキンの塊なのです。 
 
 彼が脂肪まみれになることは確実と言えますよね。予想外かもしれませんが、トランプはファストフードを食べます。理由は「速いから」と、「ニューヨーク・タイムズ」紙の最新レポートで指摘されています。あなたは、トランプタワーと投資に考えが及ぶことでしょう。そして、数百万ドルのローンはあなたに最速のサービスを受けられる権利を与えるのです。しかし、どうなのでしょうねぇ。。 
 
 トランプもまた、独特で野暮な味覚の持ち主なのですね。彼は本当にハンバーガーが好きです。ステーキはかなりのウェルダンで食べますし…。 
 
 
最良のタコスボウルは
最悪のタコスボウルと比較すると、
どの程度良いものなのでしょうか? 
 
 「タイムズ」紙は、トランプがかつて「我々は会議テーブルの上でハンバーガーを食べるべきである。そして中国や他国と良好な取引関係を築き、公式晩餐会など忘れるべきだ」と、インタビューで語っていたことについて言及しています。これは核心に迫るものです。ファストフードは偉大なイコライザーであり、トランプはワシントンでは私たちと同じ目線で話せるようになるかもしれません。ファストフードは安全です。トランプは私たちの怒りを自身の怒りへ吸収し、多人数の安心感を私たちに提供します。 
 
 しかし、以下のものを通して、常にエリート意識が忍び寄ります。フライドチキンとピザ用に使うナイフとフォーク、ダイエットコークをすするためのストロー、カロリーをカットするために破棄するハンバーガー用パンとピザ生地などです。 
 
 
アンソニー・ボーディンがドナルド・トランプに
生のステーキを食べるよう希望していた 
 
 トランプはアメリカがファストフードを愛するように、彼もファストフードを愛していることをアメリカに知ってもらいたいと願っています。ただ、彼の生い立ち、ビジネス歴、一般的なライフスタイルの選択については、どうかすべて無視してください。 
 
 中身もルックスも、あまり良いイメージをもたらさないトランプ。どうかみなさん、彼の真似はしないでくださいね! 少なくとも健康的でいたいのなら、食生活に気をつかいましょう。

ESQUIRE US

最終更新:10/5(水) 19:37

MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。