ここから本文です

“ベンチ要員”の本田がミランに契約延長を要求 伊メディア「将来は謎に包まれている」

Football ZONE web 10/5(水) 11:02配信

今季の出場時間がわずか18分間の本田 来年6月に契約満了

 ACミランの日本代表FW本田圭佑は、今季限りでミランとの契約満了を迎えるが、本田サイドはクラブに契約延長を求めているという。イタリアのサッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」が、「ホンダは試合に出ないが契約を延長したい」と皮肉たっぷりな見出しで特集している。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 本田はここまでのリーグ戦7試合が全てベンチスタートとなっており、出場機会をつかんだのは途中出場2試合のわずか18分間にとどまっている。記事では本田を「そのプレースタイルから、今のミランにおいて適応に苦労している選手」と位置づけている。

 一方で、本田はそうした出場機会を得ることに苦しんでいながら、「来年6月に契約が終了するが、ミランに別れを告げることを求めていない」として、契約延長を求めているとレポートしている。

 現状では、本田は来年2月になれば自由に他クラブが交渉をできる状態になる。記事では、すでにアメリカMLSの少なくとも3チームが獲得に興味を示し、バレンシアのピーター・リム会長も本田獲得に興味を持ち続けている1人だとしている。

「ミランで11人のレギュラーに入るのは…」

 そして、「本田の将来は謎に包まれている。契約延長を求めるが、ミランにおける11人のレギュラーに入るのは難しい」として、出場機会を得られないクラブとの契約延長を求める姿勢を理解できないと結んでいる。

 6日と11日には日本代表の一員として、イラクとオーストラリアと対戦するワールドカップ・アジア最終予選のゲームに臨む。本田は「試合勘についていろいろと言われているようなことが、当然、ないわけがない。それをいかに結果に結びつけるかが求められると思うので、心配の声を消せるくらい結果を出したい」と意気込んでいるが、ミランにおける状況の厳しさは日に日に深刻化しているようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/5(水) 11:02

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ