ここから本文です

Hi-STANDARD、16年ぶりシングルを本日リリース 12月にはカバー新作&東北・新潟ツアー開催も

リアルサウンド 10/5(水) 12:00配信

 Hi-STANDARDが10月5日、ニューシングル『ANOTHER STARTING LINE』を突如リリースした。

 Hi-STANDARDが新曲音源をリリースするのは、2000年発売のシングル『Love Is A Battlefield』以来、16年ぶり。彼らは2011年の再始動以降、定期的にスタジオに入り、同作収録の「TOUCH YOU」「ANOTHER STARTING LINE」「NOTHING TO LOSE」「RAIN FOREVER」の4曲を作り上げたという。レコーディングには、『GROWING UP』(1995年)、『ANGRY FIST』(1997年)の制作も手がけた、ライアン・グリーンが参加。同シングルは、10月26日までは主要CDショップ店頭のみで購入可能で、WEB通販やダウンロードでの購入は10月26日から可能となる。

 今回の無告知での新作リリースや店頭限定販売を決意した理由を、メンバーは90年代の7インチEP限定販売を思い浮かべながら、「あの頃はネットもなかったし、みんな情報はお店に行って仕入れて、そこから口コミで広まっていった。今は時代が違うから通用しないというのもわかるんですけど、これだけ便利になった世の中でどこまで面白みとして発揮できるのかなというのが狙い。僕たちの遊び心としか言えないですね」(横山健)、「音って物質として手に取ることはできないじゃないですか。特に今回の作品は手に取ってもらいたいという思いが強いから、こういうやり方になったのかな」(難波章浩)と説明している。

 また、本日「ANOTHER STARTING LINE」のMVも公開した。

 なお、Hi-STANDARDは、12月7日にカバー曲で構成したシングル『Vintage & New, Gift Shits』をリリースすることも発表。さらに、12月3日からは東北と新潟を回るショートツアー『GOOD JOB! RYAN TOUR 2016』も開催する。再始動後初となる同ツアーでは、ゲストバンドを迎え、東北ライブハウス大作戦を通じて完成したライブハウスを回るという。

リアルサウンド編集部

最終更新:10/5(水) 12:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。