ここから本文です

本田圭佑の超ポジティブ思考は不変。逆境楽しむ強気メンタルの根源はどこから?

フットボールチャンネル 10/5(水) 11:03配信

 6日にイラク戦を控える日本代表。4日、本田圭佑が口を開き、熱弁を奮った。ミランでは出場機会がほとんどない厳しい状況だが、本田からはネガティブさが感じられない。自信の根源は一体どこからくるのか。(取材・文:元川悦子)

【日本代表vsイラク代表】過去5戦の対戦成績

「僕からしたら別にこんなのプレッシャーでも何でもない」

 すでにUAEに手痛い敗戦を喫している日本にとって、6日の2018年ロシアW杯アジア最終予選第3戦・イラク戦(埼玉)は絶対に落とせない大一番。勝ち星を得られなければ、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の進退問題に発展しかねない状況だ。

 緊張感が漂う中、本番2日前の4日に合流した攻撃の絶対的大黒柱・本田圭佑(ミラン)は「ネガティブなこと言えば当然そういうことまで考えないといけないんでしょうけど、それはジャッジするのは我々ではないですし、我々としては勝ち点を取りに行くわけですから。そんなことを考えたことがなかったっていう感覚ですけどね」と涼しい顔で発言。

「毎度言っているんですけど、僕からしたら別にこんなのプレッシャーでも何でもない」と言い切り、日本人とイタリア人のブーイング観の相違について3分近く熱弁を振るう余裕を見せるなど、周囲のネガティブムードを思い切り一蹴してみせた。

 その本田はこの日、長友佑都(インテル)と同便で帰国。前夜のうちに日本に到着していた岡崎慎司(レスター)、吉田麻也(サウサンプトン)、酒井宏樹(マルセイユ)とともに最後の最後に練習に加わる形となった。4日の代表は冒頭15分以外はメディアを締め出して戦術確認を行ったが、本田と長友はランニングのみで、全体練習には参加しなかった模様だ。

 今季ACミランでの出場実績を見ると、彼はリーグ7試合のうち9月11日のウディネーゼ戦、20日のラツィオ戦の2試合に出ただけ。ピッチに立った時間は通算わずか19分という厳しい現実に直面している。

 右サイドを争うライバル・スソからは大きく水を空けられ、左サイドにコンバートされるという話さえ浮上している。そんな現状を踏まえると、イラク戦で本田が先発から外れることも十分に考えられる。

1/2ページ

最終更新:10/5(水) 12:25

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革